マルチチャネルの優位性

今現在、いろんな物販ビジネスが盛んに行われていますよね。
輸入に限ると、
在庫かかえて回転率重視のヤフオク販売
FBAにぶちこんで効率化重視のAmazon販売
受注発注でリスクの少ない無在庫BUYMA販売

輸出だと、
各海外eBay、各海外Amazon

まあこれらは依存するプラットフォームでの販売になります。

それとは別に独自のレンタルサーバーなどでのネットショップ
PayPalを利用した直接取引

それぞれ長所短所ありますよね(^^)

まだまだ僕も駆け出しなんで、独自ショップの構築まで手が回ってないのが現実なのですが
先に上げたプラットフォームに依存した販売だけでも月収100万は楽勝でいけると思います。
一応年内には行く予定ですw
※追記 宣言通り達成したw

そう、実際僕が今やってるのは今ではやってる人も多いヤフオクやAmazonでの輸入販売、eBayや海外Amazonでの輸出販売などです。

特に特別なこともやってませんし最強の仕入れルートがあるわけでもありませんw
ただ言えることは、人生の師である僕の師匠(大阪在住)に今年の春頃言われたある一言が強くモチベーションに影響したということです。
「1年ぐらい死ぬ気でやってみたら?やったことある?」

今までいろんなことをしてきました。
昨日の記事でも書いたのですが、アフィリエイトやら情報起業やらFXやら・・・

もちろん1年以上続けていたものもあります。

けど「死ぬ気で」やってたか?

と聞かれたら「YES!!ハイ!!」とは答えれませんでした。
この時、自分のなかで何かが崩れ落ちたんですね(^_^;)
今でもハッキリ覚えています。
今年の春頃、東京の帰りに大阪の梅田で師匠と飲んでいたときのことです。
重みが違うんですよね。同じ言葉でも言われるひとによって。
近所のおばちゃんに「死ぬ気で1年ぐらいやれば?」って言われてもはあ??って感じですけど。

とにかくそれから変わりました。

そうだ、俺は一年たりとも死ぬ気で物事にとりくんだことがないのかと。
それであーでもないこーでもないとほざいていたのかと。

恥かしい・・・。
穴があったら入れたい・・・いや入りたいぐらい・・・。

話がそれましたが、そういった経緯があった程度で特に難しいことをしたわけではありません。

ただ、

「あたりまえのことを特別熱心に」

がんばりました。誰にも負けないぐらい。
この言葉もある前職の上司に言われた言葉なのですが、これは特にこれといってあれなんでハショリます。
FXでもそうですが、稼いでいない人は口をそろえてこう言います。

「稼いでる奴らはなにか俺達の知らない聖杯(勝率100%の手法)を知っているのじゃないのか?」

「教えてくれ!!」
物販でもそうです。どのビジネスも似たようなもんです。

「なにか特別な仕入れルートを持ってるんじゃないのか?」

「eBayでバカ売れする商品をガンガンリサーチする特別な方法を知っているんじゃないのか?」
まあ確かにそういう人も居ますけど極少数だと思います。
でもそんな疑問抱く前にやることあんだろ・・・。
どうですか?なんか似たような気持ち抱いたことないですか?

僕はかなり親近感わきますwなぜなら僕もそういう考えかたを抱いていた人間の一人だったからです。

 

ビジネスは本質を掴んだらあとはテキトーでもある程度儲かる。

 

詳しくは次回の記事で。

 

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。