マルチチャネルの優位性2

先日はこんなタイトルにしといて、特にその優位性について書いてませんでした。

なんてこった・・・。
で、そのマルチチャネルの優位性なんですがもちろんデメリットもあります。
基本的にビジネスは一点突破で一気に切り開いてから横サイドに広げていくカタチがよしとされています。
同感です!

しかし、僕の場合は速攻で結果を出さなければならない状況でもありました。

そのときいろんな情報を吟味しながらどれに本格参入しようかと非常に悩んでいました。
しかし、意外とあっさり決断しました。

 

ええい!全部やったれwww

 

まあ厳密にいえば多少時期のズレはありましたが、だいたい同時期に輸出も輸入も始めました。

アホですよねw
でも人の二倍がんばったら大丈夫と思ってがんばりました。

でも現在の売上の比率で言えば5:3ぐらいですね。

利益でいえば7:3ぐらいかなw

まあどっちが!?ってのは今回おいといて、じゃあなんでそんななんでもかんでも手をだすのか。

一番初心者が失敗するパターンじゃないのかw
そうなんです。
でも僕は思いました。

「たぶんどれも10万ぐらい稼ぐんは簡単かな?なら3つチャネル使ったらそれだけで30万やんけwwwうはwww」
そんな感じで始めました。

これが正解とは思っていません。むしろ間違いに近いと思いますw

でも自分を信じた結果、ある程度結果を残せるようになってきました。

ようは安いところで買って高いところで売るという話ですから、別に輸出輸入分け隔てる必要もないんですよね。
実際に輸入したもんを売れんからって輸出したこともあります。

だから、在庫かかえても怖くありません。
在庫かかえるったって、一応リサーチして売れた実績を確認した結果仕入れたもんだから、どっかで売れるんですよ。

Amazonで売れんかったらヤフオク、ヤフオクで売れんかったらモバオク、っていうか日本どこで売っても売れねーってなったらeBayみたいな。

まあそうなる前に面倒なんで原価ぐらいでさばいてさっさと現金化しますけど・・・。
要するに、マルチな販売チャネルを持つことでそういった在庫リスクをヘッジすることができます。これがまず一点。
でもう一点はこれもリスクマネージメントの観点からするとアカウントの凍結リスクをヘッジすることができますね。
例えば、BUYMAでメインで販売しててガンガンに売りまくっていたのが突然意味不明に鑑定に出され、正規代理店購入にも関わらずアカウント停止処分となったらどーしますか?
実際にあった話しです。
そっから売上0ですよwこえーよw

だから複数アカウントが許されている例えばヤフオクとかeBayであれば、事前にある程度評価を貯めておいておけば、万が一というときに一応は保険になります。

まあAmazonとかは複数アカ禁止なんで無理ですけど。
そういった意味で、いろんな販売チャネルを持っていると最悪0になるリスクは回避できると思います。
いきなりAmazonもeBayもヤフオクも停止!!とか可能性低いと思いますし・・・。

 

まとめますと、
30=30じゃなくて、30=5+5+5+5+5+5で考える

ってことですね。売上に関してもリスクに関しても。

そうすることで、もちろん冒頭で書いたデメリットも産まれます。様々な知識が必要だし、対応・管理も大変です。
でも慣れてしまえばどうってことないです。誰でもできます。

まあそういった理由で僕はいろんなところで販売しています。
それに合わせて、在庫販売と無在庫販売を組み合わせてバランスをとっています。

瞬発力の在庫販売とローリスクな無在庫販売。

まあ在庫販売はリスクあると言っても、僕は基本的に輸入して在庫抱えるのは中国製品がほとんどなので原価割れしてまでしないと売れないといったことはほとんどありません。

ほぼローリスクです。

無在庫販売も海外向けであれば特にデメリットはありません。eBayのTRS手数料割引のための1DAYhandlingが無理なぐらいです。

 

ということは、ざっくり言うとこのビジネスこれといってリスクがほとんどないんです。

びっくりデス。

こんなビジネス、インターネットを使わなかったらたぶんないんじゃないかなと思います。

 

やりましょう。(孫さん風)
では明日から、当初の予定通り具体的なビジネスの内容に触れていきたいと思いますわっしょい。

 

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。