ビジネスその2 国内向け輸入販売

輸入販売といっても様々な分野がありますよねー。
欧米から仕入れるかたもいれば、アジア各国から仕入れるかたもいます。

別にどれがいいですかって言われたらどれがいいってこともないですが、
僕は断然アジア諸国からの仕入が向いてると思ったので、主に中国や韓国・台湾などから仕入れています。

 

今は無料のレポートでもいろいろ充実したものが公開されてますので、比較的簡単に始められるんじゃないでしょうか?
輸入と言っても扱う商品は星の数ほどあります。

特に中国なんかだと、ないものはない!というぐらい何でも揃ってますw

じゃあこれ、なんかかっこいいし売れそうだし、売れなくても自分的に欲しいから仕入れちゃえー!

って人がいます。
僕の近くにもいますw

でも、始めはいいんですけどね
まだビジネスというかお遊び気分が抜けてない証拠ですね。

 

 

また、輸入で販売するとすれば無在庫より在庫を抱えるほうが実はリスクが少ない点もあります。

例えば、基本的にヤフオクなんかは無在庫禁止です。手元にないものを売るのは規約違反になります。
じゃああとは?ってなると、Amazonでの大口出品なら可能です。
大口出品なら発送日数をデフォルトから変更できるので、とりあえず15日以内に配送!とかにしとけば無在庫販売は可能です。
あと無在庫で有名なのはBUYMAですね。

ブランド好きが集まるBUYMAで日本にいながら無在庫でブランドものをあつかうことは可能です。
という無在庫販売は一見してリスクがないように見えますが、実はやってみればわかる輸入無在庫販売のリスク

それは何かというと、まず基本的に国をまたぐ時点でリスクだと考えます。

輸入在庫販売の場合

国をまたぐのは販売する「前」ですね?

輸入無在庫の場合

国をまたぐのは販売した「後」です。
同じじゃねえか、と思われるのであればその人はどっちもやったことないかどっちかしかやったことありません。

 

日本人はどの国の人よりも神経質です。うっさいです。

無在庫販売とわかってて購入してもなにかといちゃもんつけてきますし、発送が遅いだのなんだの言ってきます。
そうなると、悪い評価をつけられたり、取引自体キャンセルされたり・・・

そういったことになりかねません。
ですが在庫販売はどうでしょか。

基本的に仕入れてきてから販売開始します。
仮に同じ物を同じ所から仕入れるとしても、在庫販売の場合は検品ができます。
ゾロの名言をここで借りるとすると、

「対策が打てるだろ。」
です。
配送が遅いのであれば、販売を遅らせればいいだけ
不良品が届いたのであれば販売しない・もしくは訳ありで出品する

こういったことが可能になります。

そういった面では在庫販売と無在庫販売は、種類は違えど同じようにリスクは介在するわけですね(^^)
ですので、じゃあどうするのが一番いいのか?
もちろんリスクは最大限抑えることは大事です。

その結果、僕は両方することにしましたw
またかw
といった感じで、輸入は在庫販売・無在庫販売とやってます。
現在は、在庫→ヤフオクorAmazonFBA
無在庫→BUYMA

といった感じです。
(今現在はその他でテスト中有)
まあ特にかわったことはしてないですよ・・・

でも人一倍、やってることも多いのでホントにやることが多いですw

なんでこんな大変なことを選んだのだろうかwww

とかたまに思いますが、毎月売上が上がるたびそんなことはどうでも良くなります。

 

今月も先月のグラフを未だに1日も下回ってません!

この調子で行けば200万もいける!?

月末が楽しみですね(^^)

 

 

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。