集中することのメリット・デメリット

僕の悪い性格として、一つ挙げられるのが

「ひとつのことに集中すると他のことが全くできなくなる」

ということです。

もう最悪です。
とにかくこれを今日中に完成させんといかんのじゃ!ってなると、もう毎日やらなくてはいけないことすらほったらかしてしまいます。
正確にはほったらかすというか、忘れてしまいます。

はぁw
いや確かに集中することは大事だとは思います。

というか集中して取り組めないとなんでもそうですが前に進みません。

今現在は海外販売のシステム化並びに、SOHOの管理など直接的には利益につながっていない作業に没頭しています。
こういうとき不安になるんですよね・・・。

おいおい、こんなことしてて今月の売上は大丈夫なのか?
新しい仕入商品のリサーチはしなくていいのか?
かといってじゃあ他のことしましょうとなっても、今最優先されるべきことが頭から離れないのでそれこそ効率が悪くなります。
ならいっそのこと全部ほっといて、とりあえずコレ終わらせようぜ!
という感じで集中しているんだと思います。
あくまで想像の中の脳内会議です。

でも継続は力なりという言葉もある通り、毎日やることに意味がある。そういった作業もあるんです。
たとえば仕入リサーチとか。
新しく売れる商品を探さない=現状維持 という見解です。

売上が伸びる気がしませんw
まあ確かに付加価値や、販売戦略、販売市場などの試行錯誤である程度売上は上がるんですが、それはそれ。

新しいものを求め続けない限りいつか取り残されることでしょう。

たとえば中国輸入でオークファンで儲かる商品を100個見つけたとします。

じゃあとりあえずその100個売れるから当分リサーチええわ~。

でしょうか?

そんなもの、最初のうちはいいかもしれませんが、100個中半分以上は遅くても半年で相場が下がります。

中には全く売れなくなるものもあるでしょうw

ということは、何か新しい商品を求めて行かない限り、またはTVなどの紹介で爆発的に売れない限り、売上は減少していくということです。

こえーよ。
そう毎日恐怖と戦ってますwww
この何十万の在庫全部売れんかったらどーしよとかwww

まあそんなことはありえないんですが、やっぱり不安になりますよね。

 

その不安をかき消すためにも、リサーチ作業というのは常に必要です。

ですのでそれができてないこの数日間不安でした。

でもやっと今日から時間が取れそう!
やっぱり思考は現実化するのでしょう、この数日間売上がよろしくありませんw

でももう大丈夫!

今日からまた上がることでしょう(^^)

 

 

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。