オフライン仕入れのメリット・デメリットどっちが多い?

結論からいいますとメリットです。

デメリットなんて微々たるもんです。
まずメリットとしては、ネットに売ってないような商品を扱うことができる点。

これは他日本セラーとの差別化にかなり有効に働きます。
だって売れまくってリサーチされてもネット上にないんですからw

当分は真似されません。

僕も今eBayは基本的にそっちがメインになりつつあります。

というのも前職の付き合いがあるので、そのジャンルの商品知識も一般人よりははるかに高いし扱ったこともあるしで、ようは得意分野なんですね。

しかもリサーチしても出てこない。。。
出てきてもほぼ定価。

定価でも利益でるんですが、こういったニッチジャンルな商品は在庫確認や種類の判別など気軽に問い合わせることができる業者が必須になります。
僕は前職で付き合いのあった仲の良い業者さんに頼んで業販価格で卸してもらってます。

まあ使えるものはとことん使えですね。
どっちにもメリットあるわけだし。

 

んでデメリットといえばカード決済ができないくらいですかね。
現金もしくは売掛になります。

現在はまだ現金で払ってますが、軌道に乗れば売掛でお願いすると思います。

ということはそんなしんどいデメリットではないですね。

 

案外見えてないもんです。

まわりを見渡してみると案外いるかもしれません。
そういったところに売上を上げるチャンスは潜んでいるんじゃないかと思います。

 

 

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。