新ツール導入でSOHOの仕事が別格に早くなって焦った

先週の間にこっそりとSOHO向けリスティングツール by Google Spread Sheetをせっせと作りこんでいました。

まあそんな難しい関数を使ってないんですが1000行にしたらさすがに重かったですね。。。

でもかなり入力の手間を省いた最速Amazonリスティングツールだと思います。

まず、
SOHOさんは僕がキーワード選定してあつめた商品を片っ端からURLを取得していきます。

(これも自動化したかったけど結構めんどいことになりそうなのでやめた)

すると、そのURLからASINナンバーやAmazon.com、Amazon.co.jpへのリンク、などが自動で生成される仕組みです。

あとは生成されたリンクからワンクリックでとんで表示された情報を淡々と入力していくだけ。

また、判断が難しい部分はある程度段階にわけてドロップダウンメニュー化。

こうすることで迷う必要もありません。

表示された情報をただただ入力・選択していくだけ。

簡単すぎるw

たぶん小学生でもできます。

しかも効率が格段にアップしたのでスピードがハンパありません。

うちのSOHOのエースがいるんですが、
その人なんかはほんと昨日のうちに500行(1000行にすると重いのでとりあえず500行にしてた)
一瞬で片付けたので、

I need more cell
Can I add more?

と言ってきました。

なんて早いんだ・・・。

これなら1週間で10000点いけそうです。

でも多すぎても管理大変なんで、あるサードパーティツールを使ってこっから絞っていきますけどね!

今はまだ量産段階。

現在アップロードしてないのも合わせるとたぶんamazon.com上で9000点ぐらいリストしていると思います。

でもこれ、実は一カテゴリだけなんですよねw

ビジョンとしてはとりあえず今のカテゴリで15000点ほどに膨らまします。

そっからツールを使ったり売れた実績、ページビューなどをもとにリストを削っていきます。

別に金かかんねえんだし、出しときゃいいじゃんって思われるかもしれません。

しかし、仮に10000点と100000点出したとします。

価格調整をSOHOさんに依頼した場合、どちらのコストのほうが高いでしょうか?

そしたら100000点なんか行く前に価格調整時点で、いらないものは削っていったほうが賢明だと思います。

ですので、めんどうなことはSOHOさんにお任せ!

でもいいんですが、そのめんどうな作業もちょっと簡単なエクセルやこういったGoogleドライブのスプレッドシートを使っただけで劇的にリスティングや価格調整は楽になります。

リアルタイムで同時編集できたり、ファイルを送信する手間もないので、ひとつSOHOさんとフォルダを共有しておけばあたかも隣の席で作業してんのかってぐらい作業の進捗などの把握もできます。

また、ミスをリアルタイムで指摘できるのがいいですね。

打ち込みながらあとを追って僕がチェックして、ミスがあるとその時点で指摘できますので、本人にとっても僕にとっても助かります。

なんて便利なんだ!!

まだ僕もAPIや本格的なプログラミングについてはさっぱりなのですが、この程度であれば誰でも簡単に使えるんじゃないかなと思います(^^)

もし使ってないのであれば使ってみることをオススメします!

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。