海外Amazon セラーパフォーマンスを死守せよ

どんな効率的なツールでも、やっぱりある程度アナログな部分が必要になってくるでしょう。

 

たぶんどんなにAmazonAPIを極めたところで、アナログの価格調整・在庫調整には到底かなわない部分があります。
まあ別に「完璧」を求めなければそれまでなんですが、でも可能な限りリスクを排除したり利益率を上げたりする手段として価格調整・在庫調整を行うことは重要と感じております。
これはeBayに関しても言えることですね。

まあ僕はeBayでは基本的に仕入れ価格があんまり変わらない商品ばっか扱ってますんでs基本放置ですけどw

で、最近Amazon海外でも、ちょくちょく出始めてきましたねやっぱり・・・。
これはまあ避けては通れないんでしょうけど、やっぱ在庫切れ商品や価格高騰した商品の注文が相次ぎました。
1つは1万円も損したのもありましたwww
くっそやってらんねーとか思いつつ泣く泣く発注(T_T)

 

僕はできる限りの範囲であればある程度損しても仕入れるようにしています。
なぜかというと理由は2点あります。

 

一つ目はキャンセル率を上げないため。
amazon.comのセラーパフォーマンスではキャンセル率1%を越えるとあまりよろしくない事態に陥ります。

もし国内に在庫がないときはどうあがいてもキャンセルしなきゃいけません。
ですので、多少損しても在庫が国内にあるのであれば仕入れます。
もう一つはその延長になるのですが、キャンセル率というかセラーパフォーマンスによってもちろんカート獲得率にも影響してきますよね。

そうなると売上に直接影響してくるわけです。
すると、その時仕入れて発送していれば1万円の損失でよかったものが、
キャンセルしてキャンセル率が上がりカート獲得率が低下して売上が10万円下がって2万円の機械損失が発生する可能性もあります。
ただこれは比較しづらいのであまり気にすることも難しいかと思います。
ですがAmazonのシステム上、誰でも見ればわかると思いますが、カート獲得率が下がると売上も下がる!

これは間違いない事実です。

 

じゃあそうさせないためにできること。

多少の損失でその後の売上を守れるのであれば多少目をつぶってもいいんじゃないでしょうか(^^)
まあそう言っても最初の内はショックですよね。

コツコツ積み上げてきた利益が一撃で吹っ飛ぶみたいなw

 

これをFXや株業界では「コツコツドカン」といいますwww

 

でもAmazonで売上を上げるためにはカート獲得は必須ですのでぜひしっかり考えてみましょう。

 

ちなみに発送延滞やメール返信延滞などでも影響してきます。

Amazonきびしー(^^)

 

 

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。