代行業者の選び方

こんにちは、永木です。

親知らずをブチ抜いてきました。

抜いたというかぶち割ったというか・・・。

つらいです(T_T)

昨日言ってた人に大阪で来週会ってもらえるか連絡してみました。

結果は・・・編集後記で・・・。

中国輸入に限らずですが、海外から輸入する上で代行業者はなくてはならない存在ですよね。

だからこそ、いい関係でありたいものです。

これは、僕が様々な中国の代行業者を利用してみて思ったことなのですが、

結論から言うと、自分で利用してみて一番よかったところにするのが

一番いいんじゃないかなと思いました。

基本的に、中国からモノを輸入する場合、

商品代以外に、

・中国国内送料
・EMS発送先送料(上海経由の場合)
・代行手数料
・国際送料
・PayPal手数料(PayPal払いの場合)
・関税(かかった場合)

といった経費がかかってきます。

ようはリサーチするときにこれらを踏まえて価格差のあるものを調べる

必要がありますね。

で、この経費なんですが、代行業者によってかなり変わってきます。

代行手数料だけだと思ったら大間違いです。

まず中国国内送料。

これは代行業者の拠点により変わってきます。

あまり田舎のほうの拠点だと、淘宝網出店店舗から遠いことが多い

可能性がありますので、地味に中国内送料がかかることがあります。

次に国際送料。

これはだいたいの代行業者が50%OFFぐらいの契約をしていますが、

中にはそこまで安くない代行業者もあります。

また、EMS以外の発送(佐川グローバルや流通王など)にも注意が必要です。

なぜなら3点目の関税。

EMSは基本的にインボイスの価格にもよりますが、

ほぼ関税がかかることはありません。

しかし佐川グローバルなどはほぼ今のところ100%の確率で関税というか

手数料を払わされてます。

さらに到着まで1ヶ月かかったこともあります。

ですので発送はやはりEMSが一番無難ですね(^_^;)

発送方法が指定できるのであればEMSかFedExがオススメです。

まあけど最初のうちはそこまで気にする必要もないですね。

というか国際送料はだいたい重さで決まることが多いので、

リサーチの段階で重さの判断ができません。

僕なんか1kgぐらいだろうと思って発注した商品が6kgぐらいあって

国際送料がとんでもない額になったことがありますw

まあそれでも赤字にはならないというのが中国商品のすごいところですね。

ですので、基本リサーチはザックリです。

この計算方法に関しては後日動画でアップする予定です。

お楽しみに(^^)

~編集後記~

「来週大阪行くんでお時間ないですか?聞かせてくださいエロ話!」

みたいな感じでお願いしたのですが、

どうやら23日からフィリピンへ行くみたいです。残念(T_T)

僕もフィリピン行きてえよー!

なんかみんなフィリピン行ってんなーうらやまー(T_T)

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

2 件のコメント

  • 永木さんお疲れ様ですー。
    中国仕入れ、自分もそんな送料いかないだろうと思って仕入れた商品が予想以上に重くて
    かなり送料で損した気分になった事ありますwしかも紙箱がボロボロで訳ありでしか売れませんでした;
    中国仕入れはやっぱり最初同じ種類の物は少量で注文し実物みたほうがいいですねー。

    フィリピンですか、今実績上げてる方たちの中でフィリピンブームきてるんですか?!
    フィリピン自分もいってみたいですw

    • こんにちは(^^)

      そうですね、テスト仕入れは一見めんどくさそうですが

      トータルで見るとかなり理にかなった方法だと思います。

      フィリピン組では、なにか大きなプロジェクトが動いてるようですね。。。

      なにか情報入りましたらまた報告しますね(^^)w

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
    26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
    現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
    ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
    趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
    このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。