amazon輸出での守りの固め方 その3

こんにちは、永木です。

Sir, have you seen the movie “A Tale of Mari and the Three Puppies”?

とバングラディシュのSOHO(リーダー)からSkypeが来ました。

な・・・なんだと・・・?

続きは編集後記で(・o・)

はい、今日は引き続きamazon輸出でのアカウントの守り方

について。

2.Late Shipment Rate ですね。

これは発送延滞率です。

デフォルトではこの数値が2日になっています。

ですので、2日以内に送らないといけません。

厳しいですね(^_^;)

で猶予として2日ぐらいあるみたいなので、

注文から4日目あたり?を過ぎたらManage Orders

の画面上部に警告が現れ始めます。

これが現れ始めたらamazonからの評価に影響し

始めているということですね。

まあこれは簡単に設定を変えることができます。

大口出品者だけですけどね。

よく日本のamazonでも、

通常、4~5営業日以内に発送します。 発送元: 日本

というのを見かけると思います。

この設定をすると、5日以内に送ればいいわけ

ですからだいぶ余裕ができますね。

個別にも設定できるのですが、出品点数が数千点となると

非現実的なのでtxtファイルでアップロードする際に

全て書き換えてアップロードできます。

ということで、無在庫販売の場合はこの配送期間の

設定が必ず必要になります。

まあ全て2日以内に発送できるぜ!て人はいいんですが、

厳しいですよね(^_^;)

また、

猶予が2日程あるといっても、それはamazonの評価に対して

であって、お客さんからすれば

「2日以内に発送してないじゃないか!」

となりますのでクレームのもとです。

最悪キャンセルもありえます。

ですので、基本的に設定した期間内に発送するのが

理想的ですね。

2.Late Shipment Rate についてはこれだけです。

簡単ですよね?w

ただ人間なのでミスはします。

発送通知忘れなども出てくると思います。

しかし、それが結局はセラー評価につながり、

カート獲得率に影響してくるわけですから、

何かしらシステム的な対策が必要になってくると

思います。

まあそれを徹底できるかどうかですね(^^)

それでは、明日は最後の3.Contact Response Time

についてです(^^)

~編集後記~

直訳すると、

「マリと子犬の物語を見たことあるか?」

とのことです。

日本の映画なので、ググったらすぐ出て来ましたが

あいにく見たことなかったので、見たことない

と言ったら、

「いや、マジで見るべきだ!俺は今観ている!そして

号泣している!!」

とのことw

知らねえよw

まあ、そこまでオススメするならということで

年に2回ぐらいTSUTAYA行くのでそのとき覚えていれば

借りてみようと思います。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。