淘宝網仕入れの欠点

こんにちは永木です。

未だ体調が優れませんが、

やることはまだまだたくさんあるのでなんとかがんばってます。

最近気になるんですけど、

タオバオを使って個人輸入をする人が増えたなーと思います。

特にAmazonでよく見るようになりました。

ずっとやってたら、

「ああ、このセラーさんはタオバオ仕入れだな」

というのがわかってきます。

まあリサーチしてて見かけたことある商品が並んでたら

そう思いますよねw

特に多いのが初心者のセラーさん。

まあ最近始めたのでしょうが、

簡単に価格相場を壊してきますよw

Amazonて基本的に1商品に対して1ページというスタイルをとってます。

これは周知の事実なんですが、

その特性上。価格競争に陥りやすいのも事実なんですね。

例えば、

3000円で普通によく売れている商品に、初心者が2500円とかで出品します。

そりゃ売れますよ。

でもね、

それが広い範囲で広まると、販売者全体の利益も圧迫することになるのです。

Amazonのカート獲得基準というのは様々な要素がからみ合っていますが、

価格というものにももちろんかなりの比重がかけられています。

ようするに最安値は超有利なんです。

でも、結局初心者が2500円で利益がでる商品であれば、

その他の競合セラーが利益出ないわけありません。

もちろん価格を同程度に下げてくると思います。

もしくは、あまりにもぶっとんだ安値にすると、

売り切れを待つかもしれませんね。

要はそういったことがAmazon上の各地で起こっているということです。

基本的にタオバオ仕入れの商品は、

タオバオ上に在庫がある限り、価格相場は下がり続けます。

これは何を意味するか。

常に新しいものを取り入れなければならないということです。

まあこれは別にタオバオに限ったことではないですが、

そのサイクルはこのタオバオ仕入れAmazon販売というスタイルが一番短い

サイクルなんじゃないかなと思います。

じゃあ何をすべきか。

ひたすらリサーチをし続けてハイペースで新しいものを出品しまくるか。

もしくは何かしらのカタチで他の販売者と差別化をすることになります。

まあ比較的体力的に楽でビジネス的なのは後者かなと思いますので、

今僕はココに注力中です。

差別化する方法はいろいろありますので、またご紹介しまーす(^^)

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

2 件のコメント

  • お疲れ様です^^
    中国仕入れ、参入者も多く価格競争激しいですよねー。
    レッドオーシャンの商品等1商品に20出品とか普通にありますもんね;
    差別化、楽しみにしてます!

    後、メルマガなんですが届いてないみたいです;一度解除してもらっても大丈夫ですか?
    再度登録してみます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
    26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
    現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
    ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
    趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
    このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。