[Amazon輸出] 欧州Amazonでのアップロード

こんにちは、永木です。

昨日はコスタリカのバイヤーに説教されました。

時間にして1時間・・・。

チャットで・・・。

僕が何をしたというのでしょう!怒w

詳細は編集後記で詳しく。。。

欧州Amazonでのtxtファイルアップロード

に関してなんですが、

これが結構めんどくさい仕様になってます。

基本的にドル口座しかもってないひとは、

イギリスとフランスとドイツのみ出品している

人が多いと思います。

その3ヶ国だけでみても、

微妙にアップロードのフォーマットが違ったり

ルールが違ったりしますね。

例えば、ユーロ扱いのドイツとフランス。

価格にピリオド”.”が使えませんw

なんでw

どうやらあっちではカンマ”,”を使うみたいです。

全部エラーで帰って来ましたw

また、初期アップロード時にHandling timeの設定

ができません。

一括アップロード後に、まとめてPrice&Quantityで

再アップデートする必要があります。

ですが、実は一回でアップロードする方法もあります。

ですがフォーマットが複雑な上、

BMVDメディア関連のInternational設定ができません。

ということで、事実上理想の出品をしようと思ったら

2回アップする必要がありそうです。

この件はAmazonにも問い合わせたんですが、

上記の2つの方法しか今のところ欧州Amazonはない

みたいです。

amazon.comのInventory loaderファイルは使えねえのか?

とも聞きましたが無理とのこと。

試してはないのでなんとも言えませんが、

誰か試してみてくださいw

という風にamazon.comとは多少勝手が違う欧州ですが、

地味に今月は売れ始めてきたので、今後が楽しみです。

VATや知的財産権など、

米国と違いいろいろなハードルはありますが、

十分おもしろい市場だなと感じて来ましたので、

今後ももっと出品数を増やしていきたいと思います。

ただその知的財産権の心配のあるブランドや、

リチウムイオン電池問題など、

出品段階である程度フィルターをかけないといけないもの

も多いですので、

気をつけましょう(^^)

amazon.comに出品している商品をそのまままるごと

出品するのは多少リスクが高いですね。

僕はだいぶフィルターが整ってきましたので、

そろそろ一気に上げて行きたいとおもいます。

新規アップロードはここ1ヶ月ぐらいストップしてました。

いろいろ別のことで時間が取られていたので、

ほとんど価格・在庫調整のみです。

今は中国輸入のコンサルに力を入れてますので、

半分ぐらいの力ですが、

海外販売もまた「攻め」のしごとを入れていきますね。

カテゴリ申請もしてみましたw

何個か通ったのでそっちも出してみます。

昨日は東京でFBAセミナーだったみたいですね。

来週は我らが大阪です!

みんなで攻めまくりましょう(^^)

~編集後記~

とりあえず最初の出だしが、

商品のクレームでした。

しかし、内容を聞いてみると商品の状態というよりは

製造段階での問題点であることが発覚。

そんなん俺に言うなw

とりあえずNo pbm!!!の一点張りで通したら、

納得してました。hmmm…とか言いながら

んでその後、僕の英語が悪いということで説教に入ります。

お前はもう少し英語を勉強しないとダメだw

もっと英語を学べばお前はより多くのお金を稼げるだろう

英語キーボードは持っていないのか

などなど・・・。

しまいには日本語に翻訳した文章を貼り付けてくる始末w

文法めちゃくちゃなため逆に意味不明w

あああありがた迷惑w

でも、まあ僕のことを思ってくれて言ってくれてるんだなと

ひしひしと感じたので、

「もう眠いからかんべんしてくれ」

といって寝ました(^^)

今まで英語をほめられたことはあったのですが、

お前の英語はマジでクソだ

みたいなことを言われたのは初めてでした。

ということで、英語を習います。

いや、その前にジムですね。腹やばいっす。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。