しばきたくなるリピーター

こんにちは、永木です。

最近あるものを完全制覇しようと挑戦中です。

それにあまりにも熱心な僕は、

先日の大阪でもとうとうやってしまいました。

なんなんでしょうかw

馬鹿じゃないんでしょうかw

内容は編集後記でw

僕は輸入と輸出とやってみていろいろ違いに気づいたのですが、

その中のひとつで、

ある一部の顧客の性質が全く違うということに気づきました。

たぶん大部分の99%ぐらいのお客さんというのは、

これは日本も海外も同じですごくいいお客さんだと思います。

ただ海外のほうがオープンでフレンドリーな感じなので

ありがとう!とフィードバックをくれたり、お返しに手紙やプレゼント

をくれたりします。

まあそこが僕の輸出が好きな部分の一つっすね(^^)

ですが逆に1%ほど、

ちょっとクレームってくるお客さんがいるのも事実です。

で海外のその1%ほどのお客さんたちの決定的な日本人との差は、

その理不尽さにあります。

キャンセルや返品の理由もまるで子供ですw

まあやってる方は経験あると思いますがw

今回のリピーターの件なんですが、

注文2日目にトラッキングをよこせとメール

発送したらアップしますと返信

全く同じ文面でトラッキングをよこせとメール

放置してたら2時間後、キャンセルリクエストw

発送したら送るからマジでもう1日待ってと返信し、
キャンセル無視

発送したのでShipped後トラッキングをアップデート

数日後、お前は1日たってもトラッキングをよこさない
BAD SERVICEだ!とメール

意味わかんねえと思い、トラッキングを再度メールする

途中、何度かメキシコまでしばきにいこうかと思いましたが、

ただ単にAmazonのシステムをわかってないだけだと思います。

期日内に発送し、トラッキングナンバーをアップロードしたのに

BAD SERVICEと言われたので、

一切彼に関してはやる気をなくしました。

以前、営業をしているときに上司から言われたのですが、

商談はあきらめないことは大事だが、客は選べ

と言われたことがあります。

いろいろな捉え方があると思いますが、

僕はとうとう一番いい方法を思いつきました。

「紳士的に無視する」ということです。

顧客対応なので、もちろん評価なども考慮して適当にはできませんが

時間を使う必要もありませんので、形だけきちんとメールして

気持ちはいれない。

ある意味空メールみたいなもんを送って終了というのが一番いいんじゃない

かなと最近思います。

言い返したり、無視したりするのは、

こっちも子供ですといってるようなもんですからねw

いちいちグチグチ言うのはダサいのでやめましょう(^^)

もっと時間を使うことがまだまだあるはずです。

~編集後記~

僕らが今企んでいること。

それは松屋の全メニュー制覇です。

先週の晩飯はほとんど松屋でした。

実は松山に松屋ができたのは、ついこの1年ぐらいの

話なんですが、

根っからの松屋ファンだった僕は、

M君を巻き込んで松屋全メニュー制覇を企てました。

そして大阪でもそれは継続していましたw

アホですねw

もっと大阪でしか食べれんものを食べればいいのにw

でも、キムカル丼最高w

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。