国内在庫はこう管理しろ!その2

こんにちは、永木です。

松山に帰って来ました。

片道5時間強の長旅でしたが、不思議とあまり

疲れていません。

GWだというのに渋滞に一回もかからなかったのも

大きかったかも(^^)

渋滞といえばちょっと不思議な現象を目の当たりに

しました。

詳細は編集後記にて。

前回(http://eiking.asia/ypo5)の続きです。

前回の記事で、

ようは在庫管理を完璧に行う必要はない、というか完璧に行う

ことは実質不可能ということをお話しました。

じゃあどーすんのが一番いいのか。

それは自分なりのルールを作って、自分なりの在庫管理法を

構築することです。

そうすることによって、

あたかも在庫が手元にあるような管理をすることができます。

まずは仕入れ価格、つまり在庫価格をAmazon.co.jpを元に

入手しましょう。

例えばこれ

最安値はAmazonの販売で4469円です(4/29現在)

最高値が9800+340円です(4/29現在)

今売れたら4469円で仕入れられますから、

4469円に利益やAmazon手数料などを計算して

販売したのであれば普通に儲かります。

ただ、毎日在庫更新するのならその最安値でいいんですが、

そうもいかないと思いますし、

相場は日々変動しますので、そのあたりのリスクも考慮

して値付けを行う必要があります。

例えばこの最安値4469円で仕入れられなくなる理由として、

・単純に価格の高騰
・最安値セラーの在庫切れ

などがあり、またそれに加えて利益がなくなる理由として、

・想定以上の重量・サイズ

などがあります。

ということはある程度このあたりのリスクを考慮した値付け

が必要になりますね。

ですが注意したいのは、

なにも考えずに最安値+500円みたいなダサい仕入れ価格設定を

しないようにw

いろんな事象をからめた「比重」を考えてくださいね。

表にするとわかりやすいです。

もちろんすべてのリスクをカバーするためには膨大なフィルターが

必要になってきますが、

ある程度自分で簡単にフィルタリングできる分だけでもいいと

思います(^^)

確率のおはなしなので、

ようはどれだけ在庫切れ・薄利(最悪赤字)の確率を下げて、

販売率を上げれるかというところを考えると自ずとなにを参考に

仕入れ価格を調整すればいいかわかってきます。

あとは在庫数ですね。

これまた明日以降近いうちかきます。(くっそ忙しいので)

~編集後記~

とりあえずFacebookにてアルバムを公開しましたw

ミーハーで申し訳ありませんw

一枚だけ僕が写ってますので見つけたらいいね!

してね(^^)

東大寺は中学校ぶりだったのですが、

こんなにでかかったかと、ビックリしました。

あの頃はそんな感動も覚えなかったような気がします

が、今おとなになってみてみるとまた違う見え方が

しておもろいっすね(^^)

歳をとったということか・・・

で、奇妙な事件については、

なぜか僕が走っている方角の逆車線だけ鬼渋滞に

なっていたということです。

まあ主に神戸あたりが一番混んでたんですが、

行きも帰りも逆側が大渋滞してましたw

ラッキーw

時間帯で違うのか、

はたまたただのヒキ強なのかわかりませんが、

なんせストレスフリーで運転することができたので

よかったです(^^)

次は京都行きたいっすね!

海外もそりゃ行きたいですが、

国内もいきたいところは山ほどありますので時間が

許す限りで一人旅でも行ってみます。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。