国内在庫はこう管理しろ!その3

こんにちは、永木です。

昨日はシャレオツなイタリアンでディナってきました。

まさかこんなに近場で、

あのeBayのアプリの

ジャキーン!!!

の気持ちよさを分かち合えるひとがいるとは

思っていませんでしたwww

続きは編集後記にて(^^)

そろそろ大詰めに入ります。

前回まででひと通り、無在庫販売における出品価格の

管理のしかたについて書きました。

国内在庫はこう管理しろ!その1

国内在庫はこう管理しろ!その2

あとは在庫数ですね。

在庫数と言うよりはどこを基準に出品するか否かを判断

するのかというのが重要なポイントになります。

あまりにも国内の在庫が薄い商品の場合、

近い将来、国内での入手が不可能になる可能性があります。

ですので、

どっかのラインで切り捨てる必要があります。

その線引をどこでするのか。

一番わかりやすいのは国内Amazonの出品者数ですね。

このAmazonの出品者数が多ければ多いほど、

国内にまだまだ流通している商品であると判断することができ

ますよね。

「何人以上が目安ですか?」

とかは愚問ですのでやめてね。

ただここで介在するリスクとして、

この出品者数というのはあくまで目安で、そこまで確実性のある

ものではないということ。

このあたりは「その1」で書きましたね。

なぜなら、国内出品者でも在庫切れは普通にありますし、

セット商品なのに単品出品している出品者もいます。

配送期間が極端に長い出品者もいます。

再販予約商品である場合もあります。

箱がぼろぼろだけど未開封だから「新品」で出してる

出品者もいます。

挙げだしたらきりがないですが、

例えば出品者が10人いるから大丈夫だ!

と思って出品し、いざ売れて仕入れようと思っても

結局利益が出なかったり、2~3日で到着するものがなかったり

といったこともありえるわけです。

めんどくさいですねー!

これらのすべてのリスクをすべてカバーしようと思ったら

めんどくさすぎます。

やってらんねーです。

ですが、

極限までツールによってこのリスクを軽減することは可能です。

また独自のフィルタリングをかけることで、

出品者数やさまざまな事象に応じて在庫数を決定することも可能です。

一旦数式を組み込めばあとは考えずに淡々と出品することができますね!

少し考えればわかることです。

感がいい人ならこのへんでわかると思います。

ヒントはAPCとReportです。

というか誰でもやってると思ってましたが、

あまりにも知らない人が多いのでビックリです。

今現在出品手こずってる人には朗報かもしれませんね(^^)

近いうちやりますね

~編集後記~

まさかの近場で同じようなビジネスをしている人に出会えるとは

思ってもいませんでしたwこの松山でw

今後はいっしょにJVして、

周りがめんどくさくてやっていないようなことにもチャレンジして

いきたいですね!

たまに「こんなんしたいんやけどなー」っていうあるアイデアを出すと、

「いやそれは○○やからやめといたほうがいいですよ」

ってしょっぱちから言う奴いますよね。

うざいよねー

消え失せてくれって思いますね(^^)

だいたいそういう奴ってプライドが高いです。

一番稼げないタイプだろw

もちろん昨日はそんなセリフ一切ありませんでした(^^)

ポジティブな人とは話しがはずむので楽しかったです。

実はここでは言えないある裏ワザも教えたので、

喜んでもらえたようで良かったですw

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。