[Amazon輸出]リスティングを加速させる方法

こんにちは、永木です。

昨日は飲み過ぎました。

ということで更新が遅れていますwごめんなさいw

最近おもしろくねえなってことがあります。

でも仕方ないのかなとも思います。

内容は編集後記にて・・・。

最近多い質問なのですが、

効率的にAmazonで出品する方法はないのですか?

という件について。

いろいろ聞いていると、本当にみなさん効率の悪いことしてます。

僕はリスティングする方法は基本的に始めたころと変わってません。

ただそれが自分でやって最強に効率化したものを弟に託し、

やがて一人じゃ厳しくなってきたのでSOHOに託し、

人件費が半端ねえことになってきたのでツールに託しただけです。

やっている内容は基本的に始めた頃と変わっていません。

効率の悪いやりかたを悪くいうつもりはありませんが、

出品数を加速させて売上を加速させたいのであれば、

必然と効率的な方法というのを考える力を持っている人が少ない

ように感じます。

先日いただいた質問ですが、

以下抜粋
———————————————-

基本的な質問で申し訳ありませんが、Amazon.comに
既存商品を一括出品する方法があるのでしょうか?
新規商品をファイルから一括出品する方法は、
エグゼクティブクラブのマニュアルにありますが、既存商品は
ひとつずつやるしかないと思っていました。

後でAPCで在庫チェックをするために、エクセルでの一覧表を
作りながらひとつずつ出品してます。コピーペーストも必要な
作業ならやるしかないと思いますが、もしかして自分がばかな
作業をやっているのかと思い、質問させていただきました。

もうひとつ、永木さんがどう考えられてるのかお聞きしたいのですが、
同じ商品をめぐって、日本人セラーが値下げ競争に入っている気が
します。特に考えなしの新規参入者(まあ、私も含めてですが)が
根拠もなく安値をつけて、いるように見えます。
最低マージンを決めてそれ以上はあきらめて放置することにして
いますが、永木さんがどう対処されているか、教えていただけたら
うれしいです。

———————————————-

はい、まず新規商品、

すなわちAmazon.comにまだ登録のない商品はする必要ありません。

手間がかかって稼げなくてでも人と違うことしたい!というひと

はどうぞしてくださいw

そうでないかたはもっと評価が溜まってからで十分です。

まずは出品数を増やすことが最優先です。

で既存商品の出品を増やすわけなんですが、

ひとつづつやってたら気が遠くなりますし、まず僕はやったこと

ありません。

基本的にInventoryLoaderで一括アップロードします。

amazon.comであれば1ファイルでHandlingDaysも設定できるので

くっそ簡単です。

必要な項目はSKU、ASIN、在庫数、出品価格、商品説明、配送期間

それらをInventoryLoaderのテンプレートにはめこんでアップする

だけで1万でも2万でも一気に出品できます。

ただ扱うデータ量が多いほど、

ある一つのミスで全ての在庫をミスリスティングしてしまいますので

やるときはしっかりチェックが必要です。

価格設定などフルで間違えたり、1行ASINと価格がずれてたりすると

とんでもないことになりますw

で、値下げ競争についてですが、

僕の意見としては「やってろ」って感じです。

別に最安値じゃないとカートが取れない訳じゃありませんし、

むしろ新規出品者の最安値より評価数500でちょい高いセラーのほうが

売れることも多いような気もします。

やっぱバイヤーさんはよく見てるなあと最近よく思います。

ですので、

もちろん新規参入者はほぼ価格のみで勝負しないといけませんので

競争に陥りやすいかもしれませんね。

だから長い目で考えると最初は利益度外視でバンバン売って評価つんでから

売りたい価格で売るといった方法でもいいですし、

さっさと集めたいのならFBAを利用して高速で評価を集めるというのも

いいかも。

ちなみにもちろん僕も最低販売価格というのは設定しています。

ですが僕ほどいろんなリスクを数値化して販売価格を設定しているマニアは

あまりいないと思いますw

そのおかげでほぼ赤字商品はなしですけどね(^^)

でも、これって実際やりかたあってんの?

とか、もっと効率いい方法あんじゃね?

ってのはすごく大事なことなんでしょうね。

僕はその思いつきのおかげで月間数十万のSOHO人件費を

ツールひとつで解決しましたし、

そんな今でももっとさらに効率化できる方法はないかと日々

模索しています。

ホリエモンも言ってるように、思考を止めたら終了です。

口では稼ぎたい!というけど頭の回転が完全停止しているひとが

多いですね。あと他人任せな人w

そんなひと一生なにやっても無理だw

~編集後記~

価値観とか生活レベルとか

そのへんがかわってくるとつるむ相手も変わらざるをえないのだろう。

最近つくづくそう感じております・・・。

昔はいろいろみんなで語り明かして、

将来は海外行っていろいろ旅したいね!とか、

ポルシェのパナメーラ買うわ!とか

そういう夢を語り合ってたんですが、

最近はそういう話をしてもあまりおもしろくありません。

わかったから、

じゃあそれいつすんのさw

さき行っちゃうよ?w

ということで、ある意味孤独を味わっている最近ですが、

まあこうなることは覚悟してましたのでいいんです。

当分孤独は続きそうですね(T_T)

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

2 件のコメント

  • 永木さん

    いつもためになる情報ありがとうございます

    確かに価格競争をしている輩は「かってにやってろ」ですね。

    自分の出品形態と同条件なら警戒はしますが、EMSは使わない、アメリカしか送らない?、発送地域が台湾とか日本からじゃないとか、追従条件に当てはまらない出品者ばかりです。

    おかげでEMSで全世界に発送できる設定にしてあるので少しばかり価格を釣り上げることもできます。

    前の記事で価格差をみつけるのはナンセンスと書いてましたが、このような付加条件を加えるだけでも簡単に価格差を見つけることができますね。

    • 清水さん

      そうですね、僕が言いたかったのはそこですね

      つまり最安値ばっか比較して悲観的になっててもなんの意味もないということです

      やっぱり気づいてるかたもいらっしゃいますね(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
    26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
    現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
    ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
    趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
    このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。