[Amazon全般]悪い評価を抹消しようの回その1

こんにちは、永木です。

最近やたらFacebookでの友達申請が多いですね。

まあ中には人間ではないもの
(可愛い女の子の写真を載せたやつ)

も混じっていますが・・・。

で先いっときますが知らない人からの友達申請は

全力でスルーしてますのでご了承ください。

だって知らねえもんw

せめてメッセージぐらいくれてもいいと思うんですが・・。

さて、今日は評価についてです。

アカウントに対する、すなわちセラーに対してのバイヤーからの

フィードバックです。

これはeBayもAmazonもまあまあ厳しいですよね・・。

eBayはちょっとすぐには思いだせませんでしたが、

Amazonの場合は、Order Defect Rateに直で響きますので、

要注意です。

ですが必ずそのうちどんだけいいことばっかしてても

悪い評価は受けるはめになりますw

なぜならあまり性格のよくないバイヤーにあたったり、

意図しない理不尽な悪いフィードバックをもらったりする確率

が少なからずあるからです。

フィードバックが悪くなると売上にかならず影響します。

これは身を持って体験済みですw

ですのでなにがなんでも死守したいところです。

そこで良いフィードバックを維持するためにはするべき努力が

2つあります。

ひとつは悪いフィードバックを良いフィードバックで埋め尽くす

努力です。

Amazonのフィードバックは%で表されますので、

たとえ悪いを1つもらっても良いが200あれば100%になります。

100だけだと99%ですね。

ですので良い評価はありすぎて困ることはないので、

ドンドン取引数を増やしたり、FeedbackFiveなどを使って評価を

蓄積していきましょー。

FeedbackFiveはまたレビュりますが、

ちょっと月額高いんですが、けっこういいです(^^)

ただ使い方にはちょっと注意が必要かなw

これについてはもうちょい検証します。

でもう一つの努力はすでについた悪い評価を削除することです。

しかも全力でw

まさにここ最近の僕は全力少年でした。

今回わかった削除できるできないの基準や、

削除してもらいやすい方法などわかったので

また続きをお楽しみに・・・。

そういえば、

Order Defect Rateに響くといえばA-to-Z Claimもですね。

これに関してもそうなんですが、

僕はアカウントに響くのがいやなので、

何度か取り下げてもらいました。これについても後ほど・・・。

~編集後記~

GWも今日で終わりですねー(^^)

ってなんもしてねえよw

さっさと明けてくれよw

でもたまってた仕事が結構片付いたのでよかったです。

今月は後半からちょっと忙しくなるので

今のうちにできることやっときましょう・・・。

APCがバグってますので対策を考え中です。

うーんやっぱツールに頼りきるとよくないですね。

でも今回また新たな進化ができそうですのでいい経験に

なりました(^^)

何事も万が一に備えないとビジネスがストップしてしまう

こともありますので要注意ですな・・・。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。