[Amazon輸出]価格設定の仕方わかる?

こんにちは、永木です。

欧州Amazonが火を吹いていますw

数がまあまあ多くなってきたので

新たな対策が必要になってきました。

発送は外注化してほぼ問題なくなってきたのですが

やっぱ無在庫でいろんな商品を売るのは

一日○○個ぐらいが限界じゃないのか?

と思って来ました。

詳細は編集後記!!

本日もご質問にお答えします。

最近価格設定に悩んでるかたが多いみたいです。

僕はもう数式を組んでるので、

毎度調整してるのは為替レートぐらいです。

以下引用返信

>
>永木さんこんにちは

ちゃす!!

>
>私はサヤ取りせどらー3種の神器というツールを使ってAmazon.co.jpの商品データを一気に抽出してからAmazon.comの一括出品ファイルを使って出品しています。
>

うーんなんか聞いたことありますね、そのツール。

>ただここで問題になるのは出品するときの価格です。
>
>武藤さんのセミナー動画を参考に最低販売額を決めているのですが、それよりも上回る利益率を確保できるならと期待して一つ一つ他出品者を見ていたら日が暮れてしまいましたw
>
>正確には夜が明けていましたw
>
>これじゃ出品するまでに1年かかりそうなので完璧に設定をするのを辞めて大雑把にしています。

SOHOさんなどに依頼してアメリカの価格を拾ってきたらいいですよ。

やみくもに日本価格のみを参考にして出品すると市場価格を崩壊させるだけです。

まああまりにもアメリカの最安値が高すぎるときは別ですけどね。

>
>Amazon.comでの商品相場も全てが適正価格ではありませんし事実上、売れ残り相場でもあると思っているのでいいかなと。
>
>さらに問題点はリージョンコートがあるゲームソフトを出品するかどうかですね。
>
>PS3やDSとかは海外製のゲーム機本体でも起動しますがPS2や3DSはロックがかけられているのでネックになっています。
>

コンディション説明の部分に記載したらどうですか?

>私も最初は評価0なので、これらのソフトは除いたポートフォリオを組んでいますが、ゆくゆくは出品したいと思っています。
>
>永木さんはリージョンコードがある商品もバシバシ出品していますか?
>

ゲームはカート取れないんであんまやってないですが、

リージョンは言うほど気にしてませんね・・・。

というか在庫切れリスクの高い海外製品は、

基本的にリスティング段階で自動的に省いてます。

ただ、コンディション説明に記載しても

「俺のコンソールでは動かねえじゃねえか!返品だ!」

とか言ってくるバイヤーもいますので、

防ぎようがない部分もありますね(^_^;)

なんでもそうですが、とりあえずやってみればいいです。

んでダメそうならやめたらいいだけです。

最近はそういった試験的なことをめんどくさがるのか、

やる前から聞いてくる人がいますが、

質問する暇があったらやってみたほうが

確実な信頼出来る答えが帰ってきますよ。

案ずるより産むが易し!

~編集後記~

ここ最近、米国Amazonと欧州Amazon合わせて毎日

30~40の商品を受注しています。

正直発送を外注化したらどーにでもなるわ!

とか思ってたんですが。

そうでもないことに気づいて来ましたw

なにが大変って仕入れが大変ですわ。

僕の場合、ほとんど同じ商品が売れることはないので

仕入先もバラバラです。

ですので、いちいち在庫確認をしたり、土日発送するのか

確認したり、銀行振込みをしたりとめんどーです!!

ということで無在庫販売となると、

おそらく一日50品目ぐらいが限界なんじゃないかと思います。

もちろん人手を使えばそんなことありませんが、

一人でとなると、そんぐらいかなあ。

それ以上になると、それこそ仕入れや入庫指示、発送指示などで

ホント一日終わってまいそうですw

はやくFBAメインにしたいなあ・・・。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。