Amazon.co.jpからのメール

こんにちは、永木です。

二日間旅行にいってましたので

本日はオールにてたまった仕事を処理しています。

くっそ・・・自由なんてどこにもねえw

ところで、例のセミナー募集再開してますよ!

いや、このセミナー実は大人気らしいですよ。

絶対おもしろいことになります。

続きは編集後記にて(^^)

最近Amazon.co.jpからきたメールなんですが、

「Amazon.co.jp から当選のお知らせ」

というタイトルだったので期待してたんですが、

あけてみるとなんとギフト券に当選していました!

全く知らぬところでキャンペーンに参加して

全く知らないうちにあたってたみたいですw

なんとギフト券が20000名にあたるというものでした。

しかもなんと500円も!

すっくなwww

まあでもないよりいいのでよかったです(^^)

これはたぶん買い物した人対象なんですが、

去年もそういえば、FBA新規利用者に対してのキャンペーンに

勝手に参加していて、気づかぬ間に規定の売上をクリアして

手数料キャッシュバック上限5万円をいきなりいただきました。

さすがAmazonですね、ふとっぱらー(^^)

ここまでは余談なんですが(長かったな)、

実は最近ちょくちょく来るメールで、

「Amazonヨーロッパで販売しませんか?」

みたいなものや

「Amazon米国で販売しませんか?」

みたいなのがちょくちょくきます。

これはAmazon日本で販売するセラーに対して、

海外Amazonでも売れるから登録して販売しませんか

みたいな内容です。

つまりAmazon.co.jp自体が、日本の販売者に対して

僕らみたいにAmazon輸出しませんか?

という宣伝をしているんです。

AmazonFBA自体がグローバル発送を開始している中で、

販売者に対してもこうやってグローバル化を促す動きが

出てきたということは、

僕らが仕入れてるような販売者が海外に直接販売を開始したら

終わりですねw

結局は小売からの小売ですから、

もちろん価格差がなくなれば儲からなくなります。

そういった事態はまずほとんどないとは思いますが、

儲かりにくくなる可能性は十分ありますので

いつまでもネットからネットへ価格差ばっか調べて転売

っていう「意識」が抜けないひとはおいてかれるんじゃない

でしょうか。

このへんは長くなるのでまた後日にしますw

~編集後記~

今回のセミナーはまさにそれですね。

いつまでも転売って意識でやってると、

2chのやつらに転売厨って言われますよw

稼ぎたいんならビジネスとして捉えるべきです。

小遣い稼ぎでいいんなら別のことをオススメします。

意識や目標が低い人には全く無意味なセミナーですので

参加しなくていいと思いますが、

僕と目指すところが同じであればぜひいっしょに参加

して向こう側を目指しましょう(^^)

あ、ちなみにエグゼクティブクラブの他のサポート

メンバーの方々も結構参加されるみたいです。

懇親会楽しみだなー(^^)

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。