売上をあげるための思考回路とは

こんにちは永木です。

昨日は以前ご紹介したと思うワンパク社長のところへ、

さっそう例のものが届いたというので行って

きました。

そしたら例のものよりもっとおもしろいものを発見w

続きは編集後記にてえ。

なかなか作業量に比例して売上が上がらない時期ってありますよね。

そういうときっていろいろ考えますよね。

どうすればもっと売上があがるのだ。

どうすればもっと出品を増やせるのだ。

などと。。。

売れる人と売れない人の違いがでるの要因って、

評価の数とかカート獲得率とか以前に、

姿勢や考え方が一番影響していたりします。

要するに同じことをしているように見えて

思考回路がまったく両者では違うんですね。

ですので結果も違います。

ということで本日も質問にお答えしやす。

以下引用

——————————

いつもご教授有難うございます。

現在、やっとアマゾンで2500店ほどの出品、ebayで米国の100点の取引をクリアーし、リミットが150アイテム・5200$の状態です。(初心者から抜け出せません・・・)

そこで、質問です。
現状、永木様のアドバイスを基に試行錯誤していますが、思うようにいかない毎日です。

現在、Nijyuyonを利用しています。

・アマゾンの出品は価格差・ランキング上位からエクセル(アドバイスに従って計算式を導入)で計算⇒出品
・Nijyuyonを利用して、ebayに出品

を行っています。

Nijyuyonを利用していると、アマゾンの出品の在庫が1個になってしまいます。⇒その後、レポートでの在庫の調整

今後は、レポートでの一括出品(海外SOHOを利用)を目指しているのに、Nijyuyonの利用はマイナスになっているような・・・
(1品1品のリサーチの時間は短いですが・・・)

NIjyuyonではなく、地道にリサーチ⇒レポートからの出品を繰り返し⇒作業を熟知⇒海外SOHOへ

がよいのでしょか?

——————————

>現在、やっとアマゾンで2500店ほどの出品、ebayで米国の100点の取引をクリアーし、リミットが150アイテム・5200$の状態です。(初心者から抜け出せません・・・)

いつまで初心者だと思ってるんですか?

バイヤーに見透かされますよ(^^)

以前新年会の時に、名刺に「初心者」とか書いてる人いっぱいいましたが、

全部どっかいきました。二度と話すことはないでっせう。

もっと自信もっていいですよ!

>Nijyuyonを利用していると、アマゾンの出品の在庫が1個になってしまいます。⇒その後、レポートでの在庫の調整
>
>今後は、レポートでの一括出品(海外SOHOを利用)を目指しているのに、Nijyuyonの利用はマイナスになっているような・・・
>(1品1品のリサーチの時間は短いですが・・・)

Nijuyonで全てを完結させようとするとそうなると思います。

Nijuyonに限らずですが、

ツールはあくまで手段ですので、依存しても良くないですし、

マイナスになってると思うなら使わなかったらいいだけです。

>NIjyuyonではなく、地道にリサーチ⇒レポートからの出品を繰り返し⇒作業を熟知⇒海外SOHOへ
>
>がよいのでしょか?

うーん・・・

以前から僕はずうううううっといってるんですが、

制限のほとんどないAmazonの無在庫販売でまず最初にリサーチが

いるんでしょうか?

僕が行ったリサーチは在庫があるかないか、

航空危険物かどうか、

輸出禁止商品・Amazon販売禁止商品かどうか

そんぐらいです。

なんの作業でもそうですが、

最高のフローというのは「作る」もんじゃなくて、

「できあがる」もんです。

案ずるより産むが易し

ってこういうとき使うのかなー?

考えても出てこない問題点がやってみると

すぐに出てきますので考えるより簡単です。

そっから組み直していけばいいいだけですので(^^)

~編集後記~

手巻きタバコにはまってましたw

僕は初めて吸ってみたんですが、

これが案外いけるんですね!

いろいろな匂いがあって、香りも楽しめます。

副流煙も臭くないのでいいですね!

ということで手巻きタバコのインパクトが

強かったですが、ちゃっかり例のサンプルは

持って帰りました(^^)

明日はこないだお会いした卸業者さんと具体的な

打ち合わせをしてきます(^^)

あさっては古物の個人商店をされてるかたのお店に

凸してきます。

しあさっては、ようやく時間ができそうなので

北斗の新台でも・・・い・・やいやそんな!

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。