[Amazon輸出]他セラーと圧倒的に差をつける方法

こんにちは、すでにシンガポールが恋しい永木です。

早くまた行きたいです。

シンガポールは高級車がいっぱい走ってるんですが、

すごいですよね・・・。

こちらを見ていただければ分かる通り、

シンガポールで車にのるためにはくっそ

お金がかかります。

なのに彼らはなんと・・・。

プラットフォームの販売において、

他セラーとの差別化というのは非常に重要ですね。

AmazonもeBayもそうですが、

ある程度いい評価になると、そんなに売上に影響

しないように感じます。

特にAmazonなんかは評価数より価格のほうが重要です。

それはAmazonのカートボックス獲得率などをみると

わかりますよね。

価格と評価数とどっちに重きが置かれているのか

一目瞭然すぎます。

ですかこういったAmazonのようなマーケットプレイスで

生き残っていくためには、

同じような僕達日本人セラーとの差別化をはかって

いかねければなりません!

今現在、僕はFBAをほぼ納品ストップしていますので、
(販売目的のアメリカへの輸出は日本郵便じゃ法的にNG?の
可能性があるため調査中)

無在庫での差別化となると、

なんといっても「価格」が一番手っ取り早いです。

ということで、

今すでに売っている商品をいかにもっと

安く売るにはどうすればいいか死ぬほど考えてきました。

諸先輩方の意見も取り入れた結果、

行き着いたのは、

「仕入れ」と「物流」です。

ここを差別化できれば、

今まで最安値近辺で販売できなかったものも

販売できるようになりますので、

必然とカート獲得率もアップし売上もアップします。

そして、

ひょんなことからこの2点について、

かなりのレベルで差別化できる方法を入手

しました。(これは絶対言えませんw)

例えばですが、

Amazon手数料というのは販売価格+送料に対して

カテゴリごとに一定にかかってきますよね。

12%とか15%とか。

これはAmazonで販売する以上どうしようもない

事実なんですが、

これ以外の原価・経費・送料などが

例えば30%下がったらどうですか?

例:)

原価・経費・送料=50ドル
販売価格総額=100ドル

で売ってる。
Amazon販売手数料15%だと、
入金あるのは85ドル

原価・経費・送料を引くと、
利益は35ドルですね

でこれが仮に、
原価・経費・送料が30%下がると・・・

原価・経費・送料=50ドル-30%=35ドル

になります。
そうするとたとえば、
販売価格総額=82ドル

で売ってみても、
Amazon販売手数料15%だと、
12.3ドルなので、
入金あるのは82-12.3=69.7ドル

そっから原価・経費・送料を引くと、
利益は69.7-35=34.7ドル

いっしょぐらい!

つまり18%オフで販売しても

同じ利益が残るようになるわけ!

Amazonで売り方を工夫してもしれてますので、

どっちかといえばそういった、

「仕入れ」や「物流」面で、

効率化や経費削減をするのが一番効果的

なんじゃないかなーと思います(^^)

まあ今回ざっくり30%下がったらって

計算しましたが、

商品によっては実際そんぐらいで行けそうです。

わーい楽しみー!

~編集後記~

まあ車好きな僕からすれば驚きの連続だったんですが、

車体価格で2000~3000万する車が

ボンボン走ってるんですねw

それだけで意味不明なんですが、

一番すごいのはほぼ現行車しかいないこと。

ベンツにしろBMWにしろ、

ポルシェのカイエン、911にしろ

ぜーんぶ現行車なんです!

型落ちのベンツを数台見たぐらいで、

ほぼ全てが現行車しか走っていませんでした。

これには非常におどろきです。

圧倒的なセレブっぷりですね。

裏山。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。