女子には女子のやり方がある?

こんにちは、永木です。

宣言どおり本日よりボクシング再開です。

痩せたるー!

本来はこの夏までに腹筋を割るというのが

目標だったんですが変えました。

今年の夏までに「許せる範囲」までがんばる。

そして来年の夏までに「腹筋を割る」

とします。

よろしくお願いします。

最近輸出一色だったんですが、

実は輸入のほうもコソコソやってます。

コソコソと言いましても僕自身はやってなくて、

地元の子にコンサルしながらやらせてる状態です。

ぶっちゃけあんま期待してなかったんですが、

先週辺りから受注が一気に増えました。

なにかというと、BUYMAです。

そうです、僕が以前諦めていたBUYMAです!

僕がシンガポールにいる頃からちょくちょく

増え始め、

最近はもう毎日数件のオーダーがあがってます。

どういった販売かというと、

基本的にノーブランドの中国アパレルの販売です。

中国輸入は基本的に淘宝網からの輸入だと、

本当に参入者も多く、アマゾンでもBUYMAでも

結構激戦になってきてます。

で、BUYMAもいろいrリサーチするツールがあって

過去の購入履歴をブランドごとで検索したりとか、

海外の優良ネットショップを簡単に検索できたりとか

すごい便利になってきてます。

まあそのぶん使ってるひとも多いですが・・・。

ただ基本的に戦略というのはあまり変わらず、

BUYMAは無在庫なのでとにかく出品数を上げること。

最大1500商品までならなんの申請もなく出品可能ですので、

まずはドンドン出品することが大事ですね。

ただ、手間がかかるぶん、ある程度絞った出品も必要。

ここはAmazonとちょっと違いますね。

で、今回その子にリサーチ~出品までの一連の流れを教えて

とりま100出品をさせました。

んでそのうちの2~3割を、

じぶんが欲しいと思ったものを出品してみるよう指導しました。

これの意味としては、

女子は楽しくないと続かない。(理屈じゃなく感情で動きやすい)

というのと、

男子とのセンスの違い

が知りたかったことです。

僕もひと通りBUYMAの商品は見ましたが、

アパレル(女子向け)は特にですが、

本当に販売履歴からしかリサーチすることができませんw

関連商品と言われてもピンとこないんですね・・・。

ですが、やっぱファッション大好きな女子なら

ひょっとしたら視点が違うのかな?

という賭けもあり、2~3割を自由出品させてみました。

結果としては、

そのおかげで、雑誌などのリサーチもしながら

独自に調査を重ねて良さげなものを楽しそうに出品してました。

これは大成功ですねw

で意外だったのは、

ここ最近売れているほとんどの商品が、

その自由出品からの商品であること。

うーん・・・

僕らみたいなセンスのないやつからすると、

販売履歴のない商品は価値なし(関連は別)のはずなんですが、

まんまとひっくり返されましたね。

そのおかげでオーダー処理が間に合わず

メール対応に追われてテンパッてるみたいです。

完全なる素人で、一日3~4時間しか作業できない

女子でも、BUYMAで月収30万稼ぐ方法!

ってのができそうw

2ヶ月ほど鳴かず飛ばずでしたが、

ここへ来て、続けたかいがありましたね!

僕は特に輸出とか輸入とかこだわりが元々ないので

その子には一番向いてそうなBUYMAを教えたまでです。

いや物販は正直誰でも稼げると思います。

「続ければ」ね。

利益率もかなり高いので、

結構本気でやれば30万ぐらいはすぐいけそうです。

ま、暇ができたらテコ入れしますw

ガンバレー(^^)

~編集後記~

眠たい

限界

リームーーー

実はおとといからとある審査を申請してるのですが

すでに3回蹴られてます・・・。

くっそ何が悪いのだ!

君はよくわかってないね!

最近プラットフォームの非公開基準に

結構いろんなとこで悩まされてますorz

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。