爆弾は連鎖するもの

毎回そうなんですよね。

悪いことってのは連鎖します。

なんの相関性もなくても

連鎖するんですよねw

だれか科学的に説明してくれよw

まず先日のメルマガでも紹介しました

フランスの大量クレームから。

商品未達&追跡不能が約50件を越え

30名以上のフランスバイヤーから

クレームが来ている件について。

現在、フランスの翻訳女の子に

フランス語の警告文を作ってもらいました。

んでそれを、

だいたい8/19~8/24ぐらいに発送した

バイヤー向けに全部送りました。

まあこれで僕のはしたないフランス語ではなく

あるべきフランス語としてメールで通知

しましたので、読んでいたら理解してくれるはず。

今現在、日本郵便に調査兵団を大量に

送りまくりましたが、どうせ返事は遅いです。

だいたいまあ今回の騒動の原因は

当初の予想通り、chronopostでした。

これは間違いないでしょう。

なぜかukのamazonで買ったフランスのバイヤー

数人からも来てますのでw

まあちょっと遅れて届くのか

はたまたもう届かないのかw

わかりませんが、

まあいい勉強になったかな!w

お次に別枠で年一行事レベルのA-to-Z claimsが久々にきました。

amazon.comです。

まあこれは取り下げてもらうことも可能なんですが

結局セラーパフォーマンスには残るので

努力の無駄です。

来た時点で試合が終わってます。

天和みたいなもんです。

せめてもの抵抗として、

ちょっと粋がってから返金します。

同じ日に別枠でチャージバックがきました。

amazon.comです。

物量が少ないとこの時点で死活問題ですねw

amazonのチャージバックも年一行事レベルのはずです。

これもきたからにはどうしようもないので

テキトーにアピールして終了です。

この頑張りようのない2つのクレームが

よりによってOrder defect rateという一番

やっかいなパフォーマンスに影響するんです。

もうこりゃ運ですなw

ホリデー審査期間中なのでいらっとしましたが

動いても0.2%ぐらいなのでもう忘れます。

amazonの場合、そういった防ぎようのない

爆弾がありますので、あたったら運が悪かった

と思いましょう。

~編集後記~

このA-to-zは以前に1日に2つきたことあったんですが

チャージバックが絡んで同日にふたつってのは

始めてでした。

確率的にレユニオンで知り合いに遭遇するレベルです。

※独自調べ

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。