一括処理のリスクは作業時間に比例しない件

3連休も終わりましたか?

え?来週もですか?

そういえば

先日質問をいただいてたんですが、

ちょうど僕と時期がかぶったんですけど

一応お答えしておきます。

以下引用

————————-

質問させて下さい。
昨日Amazon.comから見慣れないメールが届きまして内容を読むとどうやらチャージバッククレームでした。商品を間違えたかと購入履歴を調べたのですが間違えておらず、お客さんのクレーム理由ものってないし???状態です。発送履歴を見たら「返還」と書いてありました。これ買ったはいいけど途中でやっぱりイラねってことで受け取り拒否ったかなと思ってるとこです。
とりあえず入力フォームに商品間違ってないし新品だし発送日付やら追跡番号やら載っけて送っておきました。ここまではアマゾン輸出 チャージバッククレームでググったらEIKINGさんのブログが出てきたので参考にさせて頂きました。
お聞きしたのはその後どうなったかってところなんですが。こちらに非がない場合でもアカウントは悪化するのでしょうか?ホリデーシーズンに向けてなんとしてもアカウントは守りたいとこです。
お忙しいところ申し訳ございませんがお聞かせいただけたら幸いです。
よろしくお願いします。

————————-

仲間がいた!!w

ということで回答は編集後記にて。

さて、無在庫販売の大量出品というのは

だいぶやってる人も多いと思いますが、

中でもウマイことやってる人は

商品の出品やアップデート、

またオーダー管理や出荷指示、

ラベル印刷など効率的に処理されているかと

思います。

ただ一括での商品登録や、

価格の更新、出荷ラベルの印刷など、

問題がなければ最高に効率的なんですが

ミスってしまうとだいたい大事になりがちです。

たとえば価格を更新しようと思って

txtファイルで50000点更新したらASINいっこずれてた

とかw

この場合、やたら安い価格設定で出品すると

amazonが警告メールをくれます。

「え!?えらい安いけどだいじょうぶ!?ガチ?」

的なやつを。

優しいですよね。

出荷も気を抜けませんね。

このたび出荷もCSVでの一括指示に対応してもらったので

作業時間の大幅な短縮もさることながら

一行ずれてもうたらどうしよう・・・

とか不安になってます。

なんせかなりアナログな感じですのでw

やっぱ一番最高なのは全amazonとのMWS連携してくれるのが理想です。

ああとebayも。

でも出荷で一行ずれたら大事どころじゃないですよねw

たとえば一日に100件オーダーがあって

100件の出荷指示を全て間違えたら

どれほどの損害になるのでしょうか泣

なんでも一括でとか、らくちんポンとか

憧れますが、しっかりしたシステムじゃない場合は

そういったリスクも考えるべきですね。

特にgoogleスプレッドシート!

普段から意味不明なところで数式がズレることも

しばしば・・・・。

気をつけたいですねー泣

~編集後記~

> お聞きしたのはその後どうなったかってところなんですが。こちらに非がない場合でもアカウントは悪化するのでしょうか?ホリデーシーズンに向けてなんとしてもアカウントは守りたいとこです。

はい、ここなんですけど

僕も今までにチャージバックはこの一年で3回です。

全てOrder Defect Rateには影響されました。

商品受け取ってるバイヤーからのものも

そうでしたのでたぶん非がどっちとか

ないんじゃないでしょうかwたぶん泣

A-to-zに関しては取り下げてもらったにもかかわらず

パフォーマンス上からは消えないとのことでした。
(一回セラーサポートともめましたw)

お気持ちはわかりますが、

オーダー数が少ないうちは運です。

僕も何度かテンパイ状態(次なんかくらったら停止)

を経験しましたが幸いなんとか乗り越えてきました。

でももらったものはしょうがないので、

オーダー数を増やして、薄めることを考えましょう。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。