輸出入販売の手助けをするサービス

昨日は問屋に凸してきました。

FBA納品するためにいろいろ

買い漁ってきたので、そろそろ

本格始動しようず!

しかしFBAの納品はcomは一度しかしたこと

ないのであんま覚えてません。

まあなんとかなるか。

さて、こんな動画ご存知ですか?

最近ホリエモンがYouTubeにもチャンネルを開設

したほをきっかけにちょくちょく見てます。

ニコニコはあんま見る機会がなかったんですけどね

んでたまたまこんな話題がありました。

ホリエモンのQ&A vol.9〜輸出入販売の商品選びを助けるサービス
その宣伝方法とは!?

といったタイトルです。

ちなみにこれはホリエモンのメルマガのQ&Aコーナーにきた

質問を掘り下げた感じの動画なんですが、

ホリエモン的にはあまり興味なさそうですよねw

なぜピックアップしたのかw

わかんないですが、

価格差を調べるスマホアプリなんかあっても

つかわないですよねw

まあ時代の風潮的にやるならアプリだろ的な

ことなのかもしれませんが、まったく需要がなさそうです。

ということでホリエモン適当w

ここでは「競取り」ということばが使われていますが、

僕的には結果論だと思ってて、

物販の基本は価格差ですから

安いところから仕入れて高いとこで売るという

ありきたりなスタイルの中で

たまたま価格差のあったところがブックオフだった。

ブックオフで仕入れてamazonで売るぜって

なるとせどりって感じですよね。

でも入り口は物販の基本だとすると

本人的にはせどろうとしてせどったわけでなく

ビジネスをしてたらそれはせどりだった

という感覚なのかもしれませんね。

まあなんでもいいです。

とにかく、そういった価格差を調べるサービス

というのが一般的にサービス化してしまうことは

ないんじゃないでしょうか。

ただ、横の女の子が誰なんか気になりますが・・・

~編集後記~

先日、エグゼクティブクラブのサポートメンバーの

FBAマスターのあるかたから、

いろいろ劇的なアドバイスを

頂いたので早速企んでます。むふふ。

国内amazonと勝手が違うのは

時間がかかるのが仕入れてからか

仕入れる前かってとこですよね。

ここに大きな戸惑いがあったのですが、

それを打破してくれるようなアドバイス、

テクニックでした。

楽しみです(^^)

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。