大事なことだからもう一度言う

昨日は暑かったですね。

よりによって。

昨日のSOHOの選び方に付け加えて・・・

SOHOに情をかけてはダメだw

詳しくは編集後記にて・・・。

本日はご質問コーナー

以下引用

—————————

フィルターを少し多くして商品数を以前より絞り込んだのですが、
今度は逆に絞りこみすぎたようで、売れ行きが以前より良くないです。(苦笑)
フィルターはみなさんノウハウがあるかとは思いますが、例えばamazon.co.jpでの
出品者数が少ないものは在庫切れのリスクがありますので、除外するようにして
います。(裏を返せば優位になりますが)
永木様はどのようなフィルターを通しているのかよければお教えください。

US、UK、CAなど販路を増やすと管理が大変になり、特にAPC-Worldで価格取得
するのに同じASINでも3回必要となり、何万点も出品していると恐ろしく時間が
かかりませんか?
パソコンのスペック次第でかなり時間は短縮されるものでしょうか?

以前に出品数は6万点ほどだとメルマガで読んだことがありますが、これは厳選
されたものでしょうか?
価格差は関係なくどんどん出品するのが永木流だと思うのですが、それだと10万点なんかすぐに行ってしまいますよね?
セッション数などでもフィルターをかけて厳選しているのでしょうか?
その辺りも何かノウハウがあるのでしょうか?

—————————

> 永木様はどのようなフィルターを通しているのかよければお教えください。

聞いてどうするんでしょうか・・・

まあ教えませんけど・・・

> US、UK、CAなど販路を増やすと管理が大変になり、特にAPC-Worldで価格取得
> するのに同じASINでも3回必要となり、何万点も出品していると恐ろしく時間が
> かかりませんか?

APIじゃない限りしかたないでしょうw

まあAPIでもリク制限ありますし、

IP制限かけられたいんなら高速取得すればいいですけどw

> パソコンのスペック次第でかなり時間は短縮されるものでしょうか?

こちらサイドというよりは向こうサイドの問題です。

> 以前に出品数は6万点ほどだとメルマガで読んだことがありますが、これは厳選
> されたものでしょうか?

> 価格差は関係なくどんどん出品するのが永木流だと思うのですが、それだと10万点なんかすぐに行ってしまいますよね?

> セッション数などでもフィルターをかけて厳選しているのでしょうか?

> その辺りも何かノウハウがあるのでしょうか?

えええええええええええええええええええい!!!!

ちがうちがうちがうちがうちがう!

こんな質問の回答なんかクソの役にも立たないので

答えませんけど。

まず、

> フィルターを少し多くして商品数を以前より絞り込んだのですが、
> 今度は逆に絞りこみすぎたようで、売れ行きが以前より良くないです。(苦笑)

これがなにも考えてない証拠では?

出品商品に対してどんなフィルターをかけるとか、

価格の収集時間の短縮方法とか、

何万点出してるとか、

すぐ10万点いくとか・・・

結果ばっか。

原因にもっと目を向けるべきでは。

まあこの本でも読んでください。
http://eiking.asia/zt5b

そっからです。

原因(考え方)あってこその結果(やり方)

であって、

その原因(やり方)があってこその結果(実績)

じゃないでしょうか。

だから

結果(実績)のために

原因(やり方)が知りたいのは人間心理ですが

(というか多くの人がこれ)

原因(考え方)あっての原因(やり方)ですので。

意味わからんくなってきたかなw

理解いただけることを願っています。

~編集後記~

僕は基本的に情はまったくなく

ばっさばっさ切り捨てるタイプなんですが

ひとりくっそしつこいスリランカ人がいまして。

彼の執着心は異常です。

かれこれ10ヶ月以上粘っています。

でもマジで英語めちゃくちゃやし、

仕事もまったくできないんですw

でもまあこれならできるだろうという

作業(データを集めるだけ)があったので

久々に頼んだんですね。

そしたらやっぱダメでした。

途中で泣きごとをいってきました。

こっちも仕事でやってますので・・・

どんだけ仕事に飢えてかわいそうでも

そいつが飢えてるのは仕事ができないから。

自業自得です。

甘やかしては誰のためにもなりませんね。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。