販路を増やすという選択

昨日の夜、近所で爆発事件がありました。

いやー何が起きるかわかんないですね汗

詳細は編集後記にて・・・

今現在、

個人輸出という舞台にて

メインでamazonやebay等で販売している

かたがほとんどかと思います。

広く浅くがモットーな僕としては

少々amazonを深堀りし過ぎたかな

というところでもあります泣

まあそれだけはまったということですね。

ただ参入障壁が低い以上、

ライバルの参入もドンドンありますし、

企業レベル(すなわち僕らが仕入れるようなところ)

が参入すればそれこそ為す術がなくなる

時代もやってくるかもしれません。

まあ単純に考えて

amazon.co.jpがマケプレセラーに対して、

amazon.comでも売れよ、amazon.co.ukでも

売れよコラー

ってメールしてるぐらいですから、

用意にそのへんは想像できるかと思います。

まあだからといって悲観的になってね

ということではなくて、

ゾロの名言を借りるとすると、

「対策が打てるだろ」

ということです。

対策といってもありすぎるので

全部書ききれませんが、

そのひとつとして販路を広げるという

選択肢もあります。

実はamazonやebay以外にも

同じように海外販売ができそうな

プラットフォームというのは

いっぱいあります。

で、僕は先日からいろんなとこに

問合せをしているわけです。

「日本からなんだけど、俺売っていいかな?」

みたいな感じでw

もちろん海外セラーを受け入れている

プラットフォームもいっぱいありますので

そういったところでは

セラー登録したり、ニーズを調査してみたり

しています。

プルーオーシャンだ!とかいう表現は

かなり偏った見方があると思います。

ブルーオーシャンは飛び込むものではありません。

自ら青く染めるものです。

まあ表現は違えど、行動したもん勝ちってことですね。

とりあえず特攻隊ということで

いくつか乗り込んでみますので

よさげなとこあったら紹介したいと思います。

まあでもamazonやebayみたいに

マルチに売れるとこはそうなさそうですけどね。

地域を絞ると、決済方法や、ニーズ野高い商品も

クセがありますのでそのへんを攻略していきたいと

思いまっする。

ちなみに狙いは東南アジアとアフリカ・中東す。

~編集後記~

いやマジで、

パトカーくっそうるせーとか思ってたんですが

ふとツイッターとかで調べてみると

どうやらかなりの近所(徒歩一分圏内)の道路で

車が爆発炎上したらしいです。

原因は追突らしいんですが、

追突で爆発ってどゆこと??

しかし南環状はよく燃えるな。。。

ちょっと前も道路の真ん中で

真っ昼間から軽トラが全焼して

真っ黒になって佇んでましたw

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。