確率とトータルで考える

googleスプレッドのUIが変更されますた!

なんや、よくなったんかな!

しかし数式制限は変わらず・・・

オーダー管理もだいぶ数式はぶいたつもり

だったんですが、

やっぱ一ヶ月1枚は不可能ですね。

さて、よく理不尽なReturn Requestや

Cancellation Requestがきて

どう対応すればいいでしょうか?

というご質問をいただいたりするのですが

一貫したルールを決めちゃえばとくに

迷うことはなくなります。

そういったものはgoogleサイトなどで

まとめておくと忘れませんね。

で、最近あったんですが

あきらかな不良品がとどいたんだが、

どうしてくれんだとクレームがありました。

不良品時の対応ルールは、

外観でわかる不良については

添付写真を要求するようにしています。

で、届いた添付写真には、

手首から付け替え可能なフィギュアだったんですが

あきらかにデフォルトの両手首に

左手首がついていますwww

シュールすぎるwww

いろいろ調べたんですが、

どうやら間違いなくメーカー不良みたいだったので

メーカーに部品を発注して送る対応をとりました。

しかしamazonの場合、追加請求はできませんし、

そもそも初期不良なのでバイヤーが払う意味も

わかりません。

責任はメーカーなのですが、

メーカーによっては正規販売店での対応を

要求するメーカーもしばしば。

いや、お前んとこの不良だろうがw

ということで今回は個人からの仕入だったので

もちろんそんな対応できるわけもなく

メーカーにお金払って部品を注文して

発送しました。

もちろんその部分はうち負担になります。

ただね、

確率的に言うとそうないと思うんですよ。

これまで1万件以上発送してきましたが

そういった初期不良とかによるクレームとか

理不尽な返品とかキャンセルとかって

100件もなかったと思います。

ということは、1%以下なんですよね。

てことはそんな気にする数字じゃないですね。

考える時間がムダですので、

さっさと対応してしまうのがいいと思います。

ただ高額商品でどうしても納得いきません・・・

という場合もあると思います。

そういう場合は高額商品を売らなきゃいいだけです。

一件の返品で資金繰りが乱れるような商品を

扱うのは間違いですよね。

あとはトータルの物量と確率の関係なんですが

仮にさっきの1%で考えると、

1000件/月の場合は1%で10件です。

じゃあ10件/月の場合は?

となると、1件です。

そう、10%に跳ね上がりますね。

トータルでかんがえると

ひとつひとつに対しての確率は同じですが

梱包一件当たりの%は100件以下だと

全体にしめる割合は上がるわけです。

まあこれはカンタンな例ですが、

先ほどの高額商品の場合を考えると

身の丈にあった商品価格を取り扱うという上で

重要かなと思います。

~編集後記~

久々にFileExchange用ツールを作りなおした。

やっぱりさすが、絶対エラーがでるwww

毎回でるのがError code 37なんですが

これがError code referenceに載ってないんですね。

なんでだよw

しかし朝方にようやく完成ず。

ebayでちょっとあたらしいジャンルを取り扱うので

楽しみです。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。