臨界点突破!?

フィリピンSOHOから連絡がありません。

数日前、

「地震やばかったのでネットつながってなかった」

と連絡があってから、

それから連絡がありません。

確かにやばかったみたいです。

http://eiking.asia/swzc

一応地震後に連絡があったので

大丈夫だとは思うんですが、

地震と聞くと日本人的には他人ごとじゃないっすな。

自分がどこまでやれるのか?

とか考えたことないですか?

僕は今年のはじめ、

海外の無在庫販売のみで自分は

どこまでいけるのか?

と思い、

中国輸入を一旦中止し、海外販売のみに

焦点を絞りました。

その結果、

無在庫ではおそらく、

僕らの規模では月間売上1500万~2000万

ぐらいが天井かなと思いました。

まだ到達したわけではないですが、

なんとなく見えた感じですw

もっと規模を広げるともっといけるのかも

しれません。

しかしこれはリスクがあります。

それなら他のことでもう1000万上げようぜ

ってほうがリスクも分散できます。

その留める目安として、

「この規模での限界点」

を使っています。

この規模で限界が見えたら

新しいことを始める。

極端に言うとそんな感じです。

ただ単にリスクをヘッジしたいという

考えがあるからかもしれませんが、

僕はその傍ら、この限界感がたまらない

のかもしれませんw

先日、久々に軽四で土手沿いを走って

たんですが、普段乗ってる車の1/7

ぐらいの排気量ですので、

もちろん法定速度ですが、古い車なので

まあまあ唸ってますw

限界近そうな音を立ててるんです。

でも、普段乗ってる車より

なんか走ってて気持ちいいんですよねー

その限界感、

一生懸命さがいいのかもしれません。

つまり日本みたいなスピード出せねえ国では

軽四で十分ということでしたw

どういう意味かというと、

無在庫販売という市場を道交法と当てはめると、

コレ以上パワーのある車にする、

つまり規模を広げると、

スピード出すぎて危ない、

つまりリスクとなる恐れがある。

ということです。

無在庫販売にはいろいろな見えないリスク

がありますから・・・。

つまり、

無在庫販売というのは僕にとって

究極まで突き詰めるにはリスクを上回る

根拠が足りないということです。

文字じゃ伝えにくいなw

まあ無在庫飽きたけど稼げるから、

一応続けつつー、

違うビジネスもしよーぜって感じですなw

~編集後記~

というか納期はとっくにもちろん

過ぎてるんですが、地震となると

なんか責めれないですよねw

デザインの案件なんで、

JPGのデータをもらってOK出したんで、

それをPSDでくれたら終了なんですが、

あと一歩ってとこで

地震がきたみたいです。

というかフィリピンは地震以外にも

ケッコー台風とか、嵐で

ネット繋がんねえわってのよくあるので

フィリピンのSOHOと契約するときは

そういったリスクもすでに

織り込んでいいレベルですw

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。