Negative feedbackを消したい

昨日はいきなり吉田さんからTELがw

登録してないほうのケータイだったので

誰かと思いましたw

ということでまあ、

面白くなりそうですね、

まあ近々発表があると思いますので

お楽しみにヌーン⊂(^ω^)⊃

依然はネガティブフィードバックとか

めちゃめちゃ気にしてて、

いかに100%保つか、

保つためなら金も払うぜ

ぐらいのノリでやってたんですが

最近はあまり気にしてませんw

しかし、先日の武藤さんのメルマガ

でもあったとおり、カート獲得の件

について考えると、フィードバックも

大事やんけ!

と思ってるとこですw

読んでない人は絶対読むこと!

ということで質問コーナーです

以下引用
——————————-

いつも有益な情報をメルマガにて配信して頂き誠にありがとうございます。

アマゾン輸出を始めたばかりですが、いつも楽しく拝見するとともに、
参考にさせて頂いております。

本日は以下の記事の続きを知りたくメール致しました。

=========>
今回わかった削除できるできないの基準や、
削除してもらいやすい方法などわかったので
また続きをお楽しみに・・・。
=========<

というのも、現在クリスマス商戦前ということで、
パフォーマンスは非常に気になるところですが、
18日feedback 3がついてしまい、何とか削除したいと
考えているからです。

まだ始めたばかりのため、feedback数は1件で、
その1件がfeedback 3ということなんです。 涙

そのためOrder defect rateに影響が出るため、
何とか削除したいと考えております。

ネット等で調べていると、①アマゾンに削除する方法と
②バイヤーに依頼する方法が2つあるようですので、
まずは①から実施したいと考えております。

以上のような背景から、永木様のブログにある
削除してもらいやすい方法をあればご教授頂ければ幸いです。

また、永木様の他の記事に「裏技で削除した」なんてことも
記載があったのを覚えております。
これについても可能であればご教授頂ければ幸いです。

商戦前ということで、非常に焦っており、
なんとかお知恵を拝借できればと思っております。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

——————————-

むむむ、

まあ評価少ないうちは運ですよねw

僕は全アカウントともに100たまるぐらいまでは

特に問題がなかったんですが、

ただ運が良かっただけだと思ってます。

というか。

> その1件がfeedback 3ということなんです。 涙

3ってNegativeじゃなくない?w

まあいいか・・・

削除してもらいやすい基準といっても、

それ以前に絶対削除できないものもあります。

それは、

Arrived on Time
Item as Described
Customer Service

のどれかにNoがついてる場合です。

こういう場合は、

個人情報が記載されてるとか、

問題発言?的なものでない限り

消せません。

※例外はあり

というか逆にこれが全部Yesで

ネガティブつけられたなら

ほぼ消せます。

しかしこれもコメント内容次第です。

ですので、絶対この場合は消せる!

ってのはFBAで配送関連のクレーム

ってときぐらいじゃないですかね。

配送関連じゃなくても消してくれるけどw

どちらにしろ、評価少ないうちは

気をつけたほうがいいですね。

って言いたいですが、

運です。

で「裏ワザ」についてですが、

これは別に裏ワザっていうか、amazonが禁止

してるってだけで、たいていコレで解決は

できるんですよね。

僕はもう今はやってないですがw

ようは金で動かすだけです。

詳しくは想像でお願いしますw

~編集後記~

とうとう7年前に自作したPCが終了のお知らせ

を迎えそうなので、サブPCを新調しました。

メインじゃないのでスペックは抑えめで

でもやっぱせめてOSはSSDに入れたほうが

よかったねと後悔してます。

まあ僕が使うんじゃないので

どーでもいいですわ!

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。