SOHO・外注化の盲点

昨日ご案内したカンファレンス、

http://eiking.asia/8gpx

そう僕が出ちゃうやつなんですが、

数名のかたから「永木が出るなら行くよ!」

と連絡いただきました。

ありがとうございます、

死ぬほど嬉しいです!

期待に答えれるようがんばりまっしゅ(ハンニャバル)

さてそろそろ月末ですね。

営業時代、月末なると徐々に

結果の出ていない営業というのは

上からのプレッシャーに

もだえそうになります。

僕もいっときそうでしたw

でかい案件の営業だったので

月末まで0とか普通にあるんですよ、

それでも数字が全ての営業ですから

そんな言い訳通用しません。

月末はボロクソに言われます。

まあそういう世界ですから

結果がでてなければ当たりまえですよね。

で、この習慣が抜けてないのか、

月末までの売上ペースが

目標を下回っている、

すなわち今のペースなら

目標到達できない!

そうなったとき、

どんな手を使ってでも売上を

あげてやろうと営業時代は

いろいろ悪どいことも考えたり

してたんですがw

今となっては、

「儲からないと意味が無い」

ので、

それほど売上目標を必達すること

にあまり執着することが

なくなりました。

というか、目標達成に対する姿勢

は変わらないんですが、

思考回路は変わりましたね。

営業んときは、

ようは上に怒られないように

表面上数字が上がればなんでもいい。

という感じだったので、

「クーリングオフが来月来ることは問題ではない」

というような売り方もしてました泣

しかし、

それを今同じ考え方でやっても

まったく意味が無いですよねw

誰に見せるためだよって感じですし・・・。

ということで、

今は数字だけじゃない、

利益率であったりとか、

その利益の継続性であったりとか

アカウントパフォーマンスとか

新しい利益の柱とか

いろいろ考えることが

多くなったので、

営業時代ほど数字にこだわらなく

なりました。

けどこれは、ぬるい!

と思われるかもしれませんが、

本来そうであるべきなんじゃないでしょうか。

営業という立場上しかたない

部分はありますが、

社員全員がこういった考え方

できたら一番利益もあがりますので

最終的に末端まで、

どれだけこういった考え方を持った

人間を配置するかで

最終的な結果は変わってくるんじゃないでしょうか。

SOHOとか外注化とか

最近よく聞きますし、

実際僕もだいぶお世話になってますが、

任せるべきところ、

任せるべきでないところは

はっきりさせておきたいですねー!

~編集後記~

なんでハンニャバルが出てきたか

というと、最近久々にインペルダウン編

を読んだんですよw

インペルダウン→頂上決戦のくだりが

また読みたくてですね。

しかし最近アニメもあって進撃熱が

すごかったですが、

やっぱワンピは何回読んでもおもしろい

ですねー。

何回読んでもいい本。

何回聴いてもいい音楽。

これが名作なんでしょうね!

ちなみに僕の中で最強の音楽は

YOSHIKIの曲です。

外れがありませんね。

ちなみに僕の夢のひとつで

「YOSHIKIとLAでお茶する」

ってのがありますw

どーでもいいですねw

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。