リスクを履き違えては何もできない

しょっぱちクレームなんですが、

国○郵便マイページのオペレータはなんなの?

喧嘩をお売りになられてるの?

電話したら、中学生みたいな人出たり、

見下しすぎて逆に見上げてるような女性が出たり・・・

月間パウチ300枚とか足りるわけねえだろw

1日でないなったわw

これを日本郵便側の営業に言っても

部署が違うので・・・の一点張りw

そもそもパウチの請求制限を設ける根拠を

教えていただきたい。お互い弊害にしかならない。

日本郵便のひと、

見てるのならなんとかしてくださいな!w

はいっ(゚Д゚)

ということでいってみましょう質問コーナーです。

本日は初心者のかたからamazonバルクアップについての内容です。

以下引用
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

突然ですが・・大ファンです!!

回りくどくなく、ズバリと的確なお話は参考になるばかりで、毎日ワクワクしています。
ステキなメルマガ、本当にありがとうございます!!

そこで、お忙しい中に恐縮ですが、是非教えて頂きたくお願いします。

現在、無在庫販売に絞って出品に燃えているのですが、アマゾンの一括出品・・。
アマゾンの説明では14000件までOKとあります。

ただツールを使った出品は、アカウント停止などとネットに出ている記事もあったため、不安になってしまい・・。200件、300件とビクビクしながら出品しているのですが・・。
(ちなみに今のところはアカウント停止などの通知は来ていないです!!)

ズバリ!!アマゾンの一括出品をする時、アカウント停止にならない出品件数と出品ペースを教えて頂ければ幸いです。

可能な限りガンガン攻めの出品をして結果を出して、EIKINGさんに報告することが私が勝手に決めている目標です!!!

どうかよろしくお願い申し上げます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

> 突然ですが・・大ファンです!!

ありがとうございますわいな!女性だと嬉しいw

> アマゾンの説明では14000件までOKとあります。

えっ、知らなかったw

> ズバリ!!アマゾンの一括出品をする時、アカウント停止にならない出品件数と出品ペースを教えて頂ければ幸いです。

まあ最初は気になりますよねー

いきなりアカウント傷ついちゃうとやる気失せそうだしw

ただ、ご要望どおりズバリいくと、

「どーでもいい!」

に尽きます。

なぜかというと、

例えばamazonが開設○ヶ月以内のアカウントが

○○○○件以上の一括アップロードをした場合、

アカウント審査をしますという基準は公表されてないからです。

見えない敵を恐れていたらなにもできないわけです。

欧州のブランド知的財産権もそうですが、

カート獲得条件もそうですが、

わからないことだらけです。

でも決断しなきゃなにも始まらないんですね。

そう気づいたかたもいるかもしれませんが、

アルミンのあの名言ですが、

「何かを変えることができる人は

大事な何かを捨て去ることが出来る人だ」

ということばにもあるとおり、

リスクを冒してでも突き進む精神もたまには

必要じゃないかなーと思います。

それが「進撃」ですw

特に今回の大量出品によるアカウントリスクは

一時停止や資金保留程度のアカウント審査です。

欧州の知的財産権侵害に比べると

なんも恐れることありませんw

ネット上にはさまざまな情報が溢れてますが

ケッコー有名な人でも勘違いで情報発信してる

ときありますからねw

まー人間ですからw

> 可能な限りガンガン攻めの出品をして結果を出して、EIKINGさんに報告することが私が勝手に決めている目標です!!!

良い報告お待ちしていますよ(^^)

たまには人の意見も無視することも大事です。

ということで、結論は

「止められてでも進撃し続けろ」

です。

大量出品が原因でアカウント永久抹消されたというのは

聞いたことありません。

~編集後記~

そういえば僕が始めた去年の8月最初のころは

価格データとかを全て弟に集めさせてましたw

まだ学生だったので暇そうにしてたから、

年末に数十万やるから、手伝ってーみたいなノリでw

完全手動だったのでそんな大量出品とかいう

発想はまだなかったですね。

時代は1年でだいぶ変わりますねー

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。