PayoneerとQuantiumの業務提携

タイトル的にもわかるかと思いますが、

今日からちょっと深堀りした記事を目指していきます。

世の中では様々な力が働いて情報操作が行われています。

ネット上の全ての情報がホントなわけありませんw

でも信じるものは自分で決めてね!人に頼らない!w

ちなみに

PayoneerとQuantiumの業務提携に関してはまだ浅い情報しかないのですが、

今後はいろんなことをどこまで言っていいのかわかりませんが、

誰かに止められるまで吐き続けたいと思いますw

さて、

時を遡ること3日前。

新年会前日ですね。

僕は羽田着後、

その足でQuantium Solutionsにいって来ました。

何しにいったのかというと、特に行かなきゃいけない用事があったわけではないのですが、

僕が利用していた頃の様々な問題点に関して、

謝罪も含め一度松山の弊社へ伺いたい

という話をいただいていたので、

ついでで来れる場所でもないし、なんか悪いなと思いw

僕が行くことにしましたw

いやタイミング的に新年会もあったしねw

そもそもQuantium Solutionsとの出会いは、

去年の新年会で知り合った北海道のY崎氏の紹介でした。

ちなみにY崎氏はQuantiumがまだ宣伝すらしてないのに、

個人で乗り込んだ第一号者ですw

そんなかたから紹介していただき、

昨年3月に打ち合わせで訪問、

翌4月から利用してました。

まー最初は散々というかw

基本的に無在庫販売って在庫販売より、

フローが多いから、ちょっとめんどくさいんですよね。

そっから僕が改善策を投げまくり、

それなりに対応してくれたので今のシステムがあります。

おかげさまで、

「昨年は永木さまと共に歩んできたような1年間でした」

と言っていただけましたw

よくわかりませんが・・・そういってもらえると嬉しいようなw

今となっては当たり前のようなことも

当初は全然未対応で、

僕はそれ以前やってた自社発送とのギャップに四苦八苦しました。

今となっては非常に多くの人が利用してるみたいですが

いまだ問題もないこともないので、

その辺が改善されるのであれば、

再度利用してもいいかなと思いました。

で話がそれましたが、ペイオニアとの提携なんですが、

実際にQuantiumの中の人に聞いてみると、

簡単にいうとただ単に現状のところ、

Quantiumのお客さんにPayoneerを紹介するといったレベルのものだそうです。

話があったのはPayoneerからだそうですね。

一見、Quantiumにメリットはあんのか?

って感じもしますが、

「今んとこないです」

と言ってましたw

ニュースサイトを見てみても同じですね。

カンタム、Payoneerとの業務提携を開始
http://www.value-press.com/pressrelease/120445

コレで終わることはないと思うので、

先々なんかイノベーションを起こしてくれることを期待しています。

そもそもQuantiumはシンガポール・ポスト100%子会社の外資なんで、

くっそ金あるんですよw

まあ、なにも考えてないことはないと思います。

しかし、

まあ僕も結構今まで代行を利用してて言うのもなんですが、

今回の新年会でも改めて思ったのが、

「稼いでる人は自社発送だ!」

amazonでも僕の遥か上をいくウルトラ級の方もそう、

おっくんwもそう、

これが偶然かどうかはわかりませんが、

僕もそうですし、

新年会や前夜祭で話した方でも、

やっぱり売りまくってる人はFBAか自社発送が多かったです。

まあ、参考までに・・・。

~編集後記~

昨日出た求人誌からうちの求人がかかってます!

ちなみに昨日は電話0でした!

お・・・おおう・・・。大丈夫かな・・・

まあ初日だしね!

今日から電話が鳴り止まないんだろう・・・。

僕の古くからの人材ポリシーである、

・可愛い子は採用しない

は必ず守りたいと想います・・・。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。