やたら返送多いんですケド

国際郵便マイページに頼んでたパウチが

やっと届きました。

ってまとめて送るとかいう発送は彼らにはないのでしょうか。。。

配達のおっさんも大変そうでした。

誰か得するのかこの送りかたわw

そんなパウチといっしょに、

昨日は返送商品が10個ぐらい帰ってきました。

欧州の旅お疲れ様でした。

てかよく10個もバイクで持ってきたよねw

どやって積んできたんだw

んで帰ってきたのはほとんどが欧州です。

フランスかドイツ、いやほぼドイツか。

ここ最近、毎日なにかが帰ってきてるんですが

昨日は過去最高に帰ってきましたね。

返ってきたというか、帰ってきたって感じです。

一番多いのはなんといっても保管期限切れです。

理由としては税関で足止めを食らって、

受取人あてに電話があるものの、

地方税関がえらい遠かったり、

関税払うのがたいぎかったりで取りに行かず、

保管期限満了でかえってくることがほとんどです。

これらの対策としては、

インボイスを100枚ぐらい入れてたらたぶんそれこそ

大丈夫なんじゃないかなと思うんですが、

外側だけでは紛失したり、

1枚だけでは足りなかったりということもあります。

このへんは確実な情報って難しいんですが、

CN22を”Gift”で$5とかで送っても、

インボイスがないと

法外な関税を請求されるケースもあります。

だから、

Giftで送ったのが優しさだったとしても、

逆に関税がかかったりするわけです。

ですので、ドイツはインボイス必須ですね。

インボイス請求もほぼ毎日あります。

この場合は日本郵便HPにあるインボイスフォーマットに

発送先情報、内容品を記載してPDF保存し、

メール添付して送ってやるとOKです。

割りとテキトーというか、厳密に書かなくてもOKみたいですw

なんとなくドイツの風習がわかってきたような気もします。

ただ、そのPDF送付もいちいち手間なので、

できたらもう事前にパッケージに添付しておいたほうが

あとあと楽かもしれませんね。

マイページで印刷した送り状なら

インボイスも一緒に印刷できるので特に問題ないですが、

手書きでのラベル作成や、書留なし郵便であれば

ちょっとインボイスを別途作成ってめんどいですけどね。

よりスムースにバイヤーの手元に届けるためには

必要な1工程なのかもしれませんね・・・泣

〜編集後記〜

なんか食い物をもらいまくって

デブリ気味です。

弟が今日から走るっていうので、

僕もいっしょに走ろうかと思いましたが、

ちょっとイメージしただけで息切れがしてきたので、

違う方法でダイエットしたいと思います。

いやマジでそろそろ厳戒態勢をとって

運動しやんとやばいw

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。