システムとイレギュラーの相性

ちょっと遅れ遊ばせながら次回PRIMAアプデについて、

ご利用ユーザさまには周知のことですが、

今回のアプデ内容はズバリ、amazon.it, amazon.esのデータ取得対応です。

なぜこのタイミングにこのアプデに踏み切ったのか、

詳細は編集後記にてムフフ

まあそのPRIMAのアプデ関連もあり、

最近イタリアについていろいろ調べてるんですが、

どうやらちゃんと遅れば別にSAL便でも普通に届くみたいです。

実は僕はこのビジネスを始めた頃、

「イタリアあぶねーよ、EMSじゃなきゃ絶対届かないよ」

とどこかで耳にしたこともあり、

「そーなんや、ほなEMSで送らなな」

ということで無心でEMSで送ってました。

しかしふと、いつ頃か忘れましたが、

「待てよ、普通にSALでもいんじゃね?」

って思ってからSALで送ってます。

で最近まあまあ問い合わせが多くなってきたので

なにかいい策はないのかといろいろ探していたところ、

税関告知書の添付枚数や、内容品の記載方法、

さらには身分証明書番号などがあればなお良い

といったことでした。

身分証明書番号なんかもらえんだろw

でまあ、なるほど、ほなイタリアに限っては

そういう送り方にしようかな。

と思ったんですが、よくよく考えるとめんどくさいんですよね。

最近はだいたい1日あたり300件前後出荷してるんですが、

その中からイタリアのみ抽出して余分に書類出したりとか、

選択された配送方法によっては、

発送前に事前に確認メールを送ったりとか、

そういったことをするのって結構煩雑です。

そんなめんどくせえんならイタリアだけ送らなきゃいいんじゃね?

って思いますが、

ムリですよ。amazon.itに出品するんですから泣

イタリア攻略は必須なのです!

しかし欲を言えばドイツやオーストリアのインボイス添付枚数や、

APO/FPO/DPOの発送方法の変更など、

ブラジル宛のSender名、送り先名、インボイス金額など

細かいやりたいことって結構あるんですよね泣

出荷が少量であれば融通は効きやすいのですが

ちょっと多いと、さまざまな部分を一括で行ってるので

微調整がしづらいです。

これは大企業と個人経営の違いに似てますねw

そういった意味でも、もっと軽いフットワークにしたいなと思います。

実務やってる以上こういったイレギュラーってのは

必ず現れると思いますが、

バイヤーに荷物を届けるまでが僕らの使命ですので、

Things as much as possibleとして取り入れていきたいですな・・・

~編集後記~

このタイミングに欧州の残2ヶ国を追加した理由は、

ひとつはホリデーシーズンが終わったこと。

あんな時期に新規市場やる暇ないw

あんな時期は集中すべきw

もう一つは、最近はEUR口座を持つこともそう難しくなくなってきたから。

欧州五カ国中、amazon.it, amazon.esに限っては

売上の受取はEUR(ユーロ)口座が必要なので、

USD(ドル)口座で受け取れる主要3ヶ国(UK,DE,FR)のみ出品する人も多かったと思います。僕を含め。

Payoneerでもユーロ口座持てるようになるでしょうしね近いうち。

まあamazon.comほど期待できる市場ではもちろんないですし、

各国イタリア語、スペイン語での対応が必須となるので

その辺も対応できるのであれば出すのは簡単ですので

やってみてもいーのでわ(^^)

ま、とりあえず僕がやってみてますw

感想はまた後日に!

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。