言語別自動返信メール

昨日はタイムレコーダを買いました。

ASKULがくっそ高いので探してたらASKULより1万ぐらい安く買えました。

いくら明日来るといえど、1万は高すぎ。

ちなみに買った理由は

そろそろバイトが応募来るだろう。と見込んでw

やっぱ募集するよりスカウトしたほうがいいかなー

と思う今日この頃です。

スカウトならお金かからんしね。

ちなみに週末限定でバイトが一人決まりました。

イトコですwww

親族率高いwww

先日amazon.deから警告がきました。

「お前さあ、別言語でメール返してね?

ダメだよ?アカウント止めちゃうよ?」

という内容でした。

そんなに間違えたことないんだが・・・

一体なにが原因なのだろうー

と思いながら気づいたのは

自動返信メールが全て英語だったということです。

となると、警告受けつつもバンバン送りまくってたわけです。

そうなると、さらなる仕打ちが来てもおかしくないので

そろそろこの言語別自動返信に対応させようと思います。

ようは、

amazon.com, amazon.ca, amazon.co.ukの問い合わせに対しては英語の自動返信メールを、

ほんであとそれぞれ、

amazon.de=ドイツ語
amazon.fr=フランス語
amazon.it=イタリア語
amazon.es=スペイン語

の自動返信メールを設定しようというものです。

これは以前紹介したzendeskを使えば簡単にできます。

zendesk
http://eiking.asia/3q4w

ようはOrganization別にトリガを設定してやればOKというだけです。

簡単ですね!

まあただこの自動返信メール、

もともとはamazonの24時間返信のプレッシャーをなくすために利用してたのですが、

年末近くからamazon.comでは全くカウントされず、

欧州でも半分ぐらいしかカウントされないため

しょっちゅう24時間を越えてしまっていますw

セラサポに何度か問い合わせたのですが、

どういうわけか全く取り合ってくれませんw

ただこれは実際僕以外からも同じ現象(途中からカウントされなくなる)を聞いてますので

もしかしたらamazon側が自動返信メールを判別してるのかも?

ちなみに多少タイムラグをつけることもやってみたのですが

結果同じでした泣

完全にボスケテ状態です。

どうにか解決策を模索中な状態ですが、

英語ばっか送り続けても怒られそうなので、とりあえず各言語に対応しときます。

~編集後記~

さて、タイムレコーダを買ったので次は金庫ですよ金庫。

金庫を買うのですよ金庫を。

金庫ないんですよ、金庫が。

やっぱ一応貴重品とか入れといたほうがいいかなと思いまして・・・

なくなったとき誰かを疑わなければならなくなるのがしんどいんでね・・・

そういえば前勤めてた会社でも横領事件がありましたw

バレバレだったんですけどねw

え、あの人が!?マジで!?

みたいな人がやるんですよーw

だから怖いのw

まあ極力ゲンナマは置きませんが、

その他パクられるとちょっとツライものなど放り込んで置きたいと思います。

ということでオススメの金庫あったら教えてね!

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。