ソクバッキー野郎

昨日はダンボール工場と交渉してました。

内容としてはロット上げるから単価下げて+運んで

という内容だったのですが、

メインどころのサイズがだいぶ下がったのでよしよしです!

しかもダンボール工場とレンタルボックスまで1本道&車で3分

ぐらいですので、むしろレンタルボックスの鍵渡すから勝手に入れてくださいという話にまとまりました。

ということで発注ロットは上がりましたが、

だいぶ安くなりましたし、手間も減りました。

段ボール屋サンができそうですw

さて本日はあまりビジネスに関係ないかもしれませんが・・・

問い合わせには全て対応するモットーのもと、

こちらの質問の回答を承りたもう!w

以下引用
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

本日の質問はもちろん、EIKING氏の得意分野!恋愛です。

本日、元カレからショートメールが届いたんですがどうしたら良いでしょうか?

内容的には
昨日すれ違ったときに(全く記憶にない。気づいてすらない)ショートメール送ることを思いついた。
わたしからの最後のメールに返信しようと
悩んでるうちに、メアド削除されて送れなくなったから、無視した訳ではないと伝えたかった。
また会って話ができると信じてる。
てな感じの内容と、ハピバメッセージでした。

これって
1.ムシる
2.当たり障りのない返事する
3.バッサリ切る
4.その他
どれが良いのでしょうか??

ちなみに、わたしとほぼ同スペックの同僚と結婚した年下くんは
2→1→3を経て諦めてくれたようです。

師匠の名回答お待ちしております。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

まあ知ってる人はこれが誰かわかるかもしれませんがw

> 本日、元カレからショートメールが届いたんですがどうしたら良いでしょうか?

知らんわw
でもちゃんと答えますよ!

二人の過去も現在の背景もわからないのでなんともいえませんのであくまで主観ですが、この彼は潜在的なMですね。

僕は基本的にメールで伝えることが嫌い(急用やビジネスは除く)なのでこの気持ちは理解できません。

むしろメールでしか連絡できないのであれば

いっそのこと連絡しないほうがいいくらいです。

このあわよくば感の確率をあげる行為は、あまり印象はよくないですよね。

あわよくばこのメールをきっかけに・・・

あわよくばどっかでバッタリ会って・・・

とでは本質的には同じ内容ですから、

そんな女々しいことじゃなくて、やるんならもっととことんしてほしいと思います。

ということで回答としては

そんな女々しい男、無視!の1ですね(^^)

そんな彼には僕の24歳頃の大恋愛を話してあげたいです。

人はここまでポジティブになれるのか!と自分でも思いますw

話は変わりますが、

束縛をするひとってどーなのでしょうか。

裏を返すと自分に自信がない現れにすぎないのですが、

束縛をして喜ぶのは自分と極度なMの人のみだと思うんですよね。

ビジネスでもお互いに束縛しあって互いの利益を守ったりしますよね。

日本のあらゆる法規制なんかもそうですが、

結局喜ぶのは一部の人のみなわけです。

じゃあなんでそんなことするの?

それは、「そんなことができるから」するのですw

すなわち、ルールを作ったもの勝ちってことですね。

どんだけ僕らがamazonでガンガンに売りまくっても

ルールを持ったamazon一人勝ちです。

ということで、

今年のプランとしてはルールが作れるソクバッキーになることです。

逆に他人のクビを締めるソクバッキーもいますが、

根底では自分に自信がないんでしょうね・・・

かなり抽象的な宣言になりましたが、

事はすでに動いています。

方向性としては3月ぐらいに明らかになろうかと。

多分二社目をつくることになると思うんですが、

その前に蓄えるべき知識がとぼしすぎるので、

2月はいろいろ勉強しにいく予定です(^^)

ちなみに今年のフライト目標は30万マイル使うことですw

むりかなw

~編集後記~

しかし小さいダンボールってのはどっこもできないんですよね・・・

型枠が必要になるので、初期費用で10万ぐらいかかります。

まあそれが何個発送したらペイできるんだって話ですが・・・

一応念のため、いろいろなところに見積もりはお願いしてみました。

んでいろいろ昨日電話して思ったことは

一番近所のところはだいぶ当たりだったということw

無茶は言わないようにしよう・・・

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。