InventoryLoaderのDL?

本日はPRIMAアプデの日!

ユーザさまは10時のアプデ通知をお見逃しなく(^^)

今回はメモリ負荷問題の解消のため、

ちょっと上書きするファイルが多めです。

不安なかたは今回用のアプデマニュアル動画用意してますのでそちらをご覧ください!

リンクはアプデ通知メールに記載しています(^^)

あと、32bit版と64bit版にわかれました。

お使いのWindowsOS環境に合わせてお間違えないようにDLお願いします。

ご不明点はサポートまで(^^)

こないだのEIKING飲み会なのですが、

土曜日の品川のSAATSセミナーで登壇されてた、

柿沼プレミアムの村瀬さんにも来ていただきました。

実は同い年なんですねw

しかもまさかの、あの、僕らの、おっくん氏と同じ岐阜県民という・・・

で、まあそのSAATSセミナーでInventoryLoaderのお話をされてまして、

その後の質疑応答の時間にいろいろ質問が飛び交ってたのですが、

なんかみんな知らないんすねw

InventoryLoaderとか・・・?

え、じゃあPriceLoaderとか、

ShippingOverridesとか、

ShippingConfirmationとか、

使ってないんでしょうか・・・

まあ別に今まで必要なかったら使わないですよね。

でも無在庫でamazonやるなら必須なので知らない人は覚えたほうがいいですね。

大量出品・大量販売となると、

イレギュラーに対応することより、

大量の出品商品・オーダーをどれだけ手入力を少なくしてぶん回すかってのが大事です。

僕はだいぶ早い段階から、

オーダーに関してもそうですが、

セラーセントラル上で操作する業務を極力減らす努力をしてきました。

だからメールもzendesk上からしか送らないし、

オーダーもOrder ReportをDLしてくるだけ、

ステータス更新はShippingconfirmationをアップするだけ

だからセラーセントラルにあんまり入らなくていいんです。

もちろんアカウントヘルスの確認とか、

Partial Refundとか、入らなできんこともありますけどね。

でも、せっかくamazonがそういったテンプレを用意してくれてるんだから

使えるもんは使ったほうがいいですよね。

めっちゃ楽だしw

ただ、僕がなぜ早い段階で一括ファイルを多用するようになったのかというと、

単純に可能性を模索したからです。

仮にamazonで毎日1000オーダー受けてるセラーがいるとして、

今の自分の作業フローでこなせるのか?

って考えた時に、

外部管理はシステム組めばどうにでもなるけど、

amazon上のステータス更新とか、

オーダー情報の取得って絶対むりだよね

じゃあなんか方法絶対あるよね?

それ今のうちから修得しとけばあとあとラクじゃね?

っていうところからなんですね。

これは今自分の目の前にないものの可能性を考えないといけないので

難しいかもしれませんが、

そういう発想でもないと思いつかないわけです。

ましてや、今ならあるかもしれませんが、

僕が始めた2012年夏ごろには、

オーダーステータスの更新はShippingConfirmationアップロードでらくらく

ShippingOverridesでデフォ送料を特定のSKUのみ変更する方法

みたいな記事を書いたブログはおそらく皆無だったと思いますw

でももちろんamazonセラーヘルプとか探せばあるわけですし、

絶対思いつかないってことはないんですね。

今はamazonに関しては大体の情報がもう出てますので、

そんなに隠し技みたいなのはないと思いますが、

外注するにしても、そういった便利なものってのは知ってないと

結局外注費も高くなるわけですからね・・・。

外注だSOHOだいう人に限って、

その根本的な部分が抜けてるっていうのだけはあってほしくないですね。

単純作業の外注は、

現状で可能な限り効率化が完成した上で発注すべきですね!

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。