多ければいいのは販路ではない

昨日から筋トレがスタートしました。

知ってる人は知ってると思いますが、僕はお腹が出ています。

そりゃあもう、ぽっこりです。

まるで幼児です。

そろそろ動かなきゃなと思いつつ

長い月日が流れました。

ですがとうとう動き出しました。

続きは編集後記にて。
※メルマガのみ

よく、販路をもっと増やすべきだというのを聞きますね。

そりゃ販売先がいっぱいあることはいいことですし、

もちろん多けりゃ売れる量も多くなる傾向なのでいいことです。

ただリスクという観念から見てみると、

それは販売先のリスクを分散しただけに過ぎず、

仕入ができなくなれば即刻アウトですお。

無在庫販売ってのは仕入に関して全くリスクが無いかというと

実はそうでもないですよね。

ただ単に小売店から仕入れてる場合てのは、

そもそもエンドユーザ向けに販売しているところで業者ばりに仕入れるわけですから

嫌う業者も多いです。

ホビー系でいうとあ○あ○なんかは瞬殺でブラリ行きですねw

2chでも転売厨以外の一般ユーザまで巻き込まれて死ぬほど叩かれてます。

あれはどうかと思いますねw

また、他の大手ネットショップでも、転売とみなされると仕入できなくなってしまうところもたくさんあります。

別にほかで仕入れれるからいいじゃんと思うかもしれませんが、

無在庫大量販売ってのは、仕入れ値の100円200円より、

効率を重視したりする部分もありますので、

とあるショップで仕入れられなくなると、そりゃ死活問題に発展する可能性もあります。

そういったリスクもあることは覚えておいたほうがいいですね、知らないなら。

じゃあ複数の仕入先を常時確保してのぞむのか?

というと、そういってるわけでもありませんw

リスクをカバーするあまり儲からないパターンに突入します。

そうじゃなくて、もっと広い視野でみてみたらいいと思うのです。

もっといえば、別に輸出じゃなくてもいーじゃんと。。。

あくまでこれはリスク分散という部分に着目した議論なので

360度最適とは言い難いのですが、

ようは他のビジネスすればそれだけでまあまあリスク分散になるんじゃないかなと。

例えば、USD/JPYの買いポジのリスク分散目的で、

EUR/JPYを買ったってあんま意味ないですよね?

クロス円なんて似たような動きするんだから・・・

そうじゃなくて、

USD/JPYに対して、

例えばGBP/CHFみたいなほうがいんじゃね?ってことですw

よくわかりませんよね、忘れてくださいw

まあ理由はどうあれ、

販路というよりは、

双方に関連性のない収入の柱が何本かあったほうが安心しますよね(^^)

まあだから、輸出しながらそのへんでたこ焼き屋でもやろうぜって話です。

もうええっちゅーにねw

昨日の記事でも出たアカウント停止のリスクに関しても、

アレは販売側のリスクですね。

もちろんそういったリスクをカバーするのも大事ですが、

100%カバーするのは不可能です。

こうなった場合どうする?

に対する回答案を何個も用意してはいるのですが、

最終的には「そのビジネスは諦める」という選択肢もありえます。

たたかう
まほう
アイテム
→にげる

まあでも、

できるだけこうならないようにはしたいですけどねw

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。