なに力があって、なに力がないのか

本日深夜にMWSのシステムメンテナンスがあるみたいです。

ということで、PRIMAユーザさまには先にご報告させていただきましたが、

30分ぐらいAPI受け付けないっぽいので、

稼働時間は調整していただければと思います。

さておとといから始まった筋トレ大作戦ですが、

昨日は並々ならぬ上半身の筋肉痛により、

全く出来ませんでしたw

しかもこのタイミングでマックがポテト全サイズ150円という暴挙に・・・

どうなる・・・俺・・・

続きは編集後記で
※メルマガのみ

昨日の話の延長になるのですが、

結局、amazon輸出の無在庫販売をシステム化して

いっぱい売れるようになりました!

となったところで、自分の強みってなんなんでしょうか。

僕はだいぶ昔からそこに疑問を抱いてきました。

白亜紀ぐらいからです。

例えば、

このビジネスにおいて求められる力ってのは、

商品力、仕入力、物流力、販売力、管理力、CS力、集客力

などがあるかと思います(だいぶ偏見)

あかん、力(ちから)書きすぎてゲシュタルト崩壊してきた・・・

こういった力を列挙してみて、

じゃあこんだけ売ってきましたけど、お前の強みってどれなの?

となったときに、

物流力、販売力、管理力、CS力

あたりがまんべんなくって感じかなと思います。

どれも抜群に強み!っていう感じにはなっていません。

そこに僕は強烈に不安を感じています。

このままで大丈夫なのか・・・はて・・・・と。

海外販売というか物販全般にいえるかもしれませんが、

以前のメルマガでも書きましたが、大事なのは

仕入力、物流力

です。

ここさえある程度あれば、プラットフォームがある以上

ほぼ間違いなく儲かります。

ここでの力っていうのは、

選択肢が多い、またはコストを下げることができる、といった点です。

で、僕は今年の目標として、さっきの

商品力、仕入力、物流力、販売力、管理力、CS力、集客力

のなかの、今自分に全くもって足りていない、

商品力、仕入力、集客力

の部分を補おうと思っていろいろ進めています。

これは海外販売という枠組みではなく、

永木貴y・・・、いや失礼。

EIKING個人としての考えなので、まったく別のビジネスかもしれません。

たとえ別のビジネスであれ、

たとえば「集客力」を修得すれば、他のビジネスにも応用がききますよね(^^)

さらには別のビジネスを持つことでリスク分散もできるので、

これは一石二鳥どころか。

この話はちょっと長くなりそうなので、

今日はこの辺にしておきますが、

いざ盛大にずっこけた時、手に何もなかったらそれこそ冷や汗もんですからね・・・。

ということで、ひと通りのちからを手に入れたいと思います。

ちなみに、山田さんに僕が惹かれる理由のひとつが、

僕が持っていない力を全てほぼ持っているからですw

その僕が持っていない力、強み、

月末の名古屋の日本郵便セミナーでお話があると思いますが、

山田さんと関わりのある、「ある彼」のお話があります。

たぶんガチでびっくりしますよw

僕は引きましたw

来られる方はお楽しみに。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。