気が進まないけど前に進むには

昨日の記事はいろいろ反響いただきました。ありがとうごじゃいます。

いち田舎もんの戯言と捉えていただいておkですが、共感していただけるかたが多いということはそんなに間違ってはないのかなと踏んでいます。

無在庫はおすすめしないってわけじゃないですよw

ただ、自分で考えることができない「思考停止」したひとたちは、無在庫うんぬん抜かすまえに「何やってもムリ」ですので、うまくいかないことを他の理由にしてほしくないですねw

はあ、
最近気が進まない仕事が多くてなかなか進みません・・・

続きは編集後記で
※メルマガのみ

本日は質問コーナーでいきます。

ちょっとテンションをあげましょう。

うっほほおおおおおおおおい!

以下引用

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

初めまして。
毎回ブログ見ています。
PRIMAも使ってます。
2月下旬からおもちゃを200品ほど出品して、売れた時の感動ったら凄かったです
いま現在10品売れて、評価を2つゲットできました。

そこから自前のExcelで送料の計算のやり直しなどをして、昨日4000品ほ
ど出品しました。

そこで本日、お伺いしたいことがありまして、

私は価格と在庫更新を、
価格と在庫の更新ファイルではなく、インベントリーローダーファイルでやっています。
それは、PRIMAで抽出したファイルを自前のExcelツールでVBAで出品数が3以下、価格、重力などがエラー(0円、0g、記入なしだったり)を消去して、一括ファイルで出品しやすいようにするためです。

この際に、毎回出品者数などが変動するのでいつも自作ExcelのSKUの列に前日と同じ様には並ぶことがない為や商品数も前日とは違うし、SKU自体が前日と同じように並ばない為に、またインベントリローダファイルでパージして、置き換えている現在です。
これって、毎回新規出品のようになってしまって、カート獲得に影響がでてしまうようなやり方をしていないか悩んでいます。
それより評価2でグダグダ言うなってとこなのか…。
価格と在庫の更新ファイルが存在するのに私のやり方はおかしいと思っているのですが。
うまく伝えきれなくてすいません。
ただ、悩む前に行動だとの思いがこのメールに辿り着いてしまいました。
なにかアドバイスを頂きたいです。
長い文が嫌いなのは充分承知しています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

> 毎回ブログ見ています。
> PRIMAも使ってます。

マジっすか!Wでありがとうございます!

> 2月下旬からおもちゃを200品ほど出品して、売れた時の感動ったら凄かったです
> いま現在10品売れて、評価を2つゲットできました。

おめでとうございます(^^)
ちなみに僕が初めて売れたのは、デジモンです。聞いてないね。

> これって、毎回新規出品のようになってしまって、カート獲得に影響がでてしまうようなやり方をしていないか悩んでいます。

カート獲得において新規か更新かで影響が出るといった話はきいたことないですな~

ただ、価格の改定頻度は影響すると聞いたことがあります。
でもそれは更新でもいっしょですね。

ということでそこまで気にしなくていいかと思います。

ただ、新規で毎回上書きしていると、
Listing Alartsで修正した部分が再度元に戻ってしまいますので、その点では更新のほうで慣れていったほうがあとあとはいいんじゃないかなと思います。

また、更新でやってれば登録日も残りますので、

古いわりにはアクセスがないものを排除したり、

新規登録した日付ごとのかたよりなど、あとあとBusinessReportなどでリサーチしたりすることもできるので、メリットは多いです。

ということで、ちょっと原因を把握しきれてませんが、
Price Loader使うか、InventoryLoaderでも「product-id」と「product-id-type」を省いてアップロードすれば更新できます。

出品者3以下をアップロードする/しないで分けるんじゃなくて、
在庫を0にしてアップロードしたらどうですか?

そしたらズレないと思います。

> 長い文が嫌いなのは充分承知しています。

どんなイメージwww
気にしないでくださいw

ちなみにInventory LoaderやPrice Loaderの使い方はYouTubeで解説してます。(やっつけですが)

PRIMA関連 amazon価格・データ取得ツール

これらでとりあえずアップロードファイルの作り方はわかると思うので、よくわかってない人はぜひ見てね!

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。