算数ができないから稼げない?

YouTubeチャンネル総再生回数1万回突破!ありがとーございます!
また、チャンネル登録者数も200人を突破しました、ありがとでやんす!
EIKING CHANNEL
https://www.youtube.com/user/EIKINGch

もっとアップがんばります・・・。

昨日の続きなんですが、

どうやらシンガポールのリミットアップ対応は終了したみたいですねw

どおりで・・・

ということでネイティブとのガチンコ勝負必須となったわけですね。

むむむ・・・勉強のしがいがありますね・・・

まあこっちのほうはぼちぼち行こうぜ・・・

続きは編集後記へ
※メルマガのみ

昨日は、月初のMTGをしてました。

そこで、amazonやebayでの価格設定においてどういったルールのもと金額設定をしてるのかわかってるのかと、取締の弟に問うてみました。

すると、あいまいな感じだったのでとりあえず計算させてみたんですね。

仕入金額3,000円、重量500gの商品
※サイズは小型包装対応、カテゴリ手数料は15%とする

これって多種多様な金額になると思うんですけど、

彼が悩んだ末出した金額はまるで赤字となる金額でした。

これはかかる手数料などが全て把握できていない・・・という理由ではありません。

単純にお金の流れを理解していないだけです。

そういうひとって結構多いんじゃないでしょうか。どう?

たとえば、手数料15%だからって、(仕入金額+送料+利益)×15%してもダメなのわかってますか?w

ちなみに弟は完全にこれで計算してましたけどw

たとえば、ペイオニアの場合、受取で1%、送金で約2%だと思うんですが、
入金される金額ってamazon手数料が引かれた金額ですよね。

売上金額のトータルから3%から引いたら引きすぎなわけです。

為替もリアルタイムで計算しても意味無いですね。

結局為替が影響するのは、ドルを円にかえる瞬間です。それがいつなのか。

amazonの入金ベースは2週間ですね。

その他日本郵便の後納割引率や、切手なら額面の何%で買えるのか、
重量はパッケージ重量も加味してるのか、またその基準はなんなのか。

言われてみれば、そうだなってのがほとんどだと思いますがここまで徹底してできてるひとは少ないと思います。

でもamazonってぶっちゃけそういう世界だと思います。

だって安けりゃ売れるもんwww

ということは結局どこまで限界まで理詰めして堂々と安売りできるか、ですね。

為替という不確定要素が介在する中、1円単位で設定するのは難しいですし、詰めすぎて利益なかったらただのボランティア活動になってしまう恐れもあります。

まあ売上の上げ方ってほかにもいろいろあると思いますが、

僕みたいに何の特技もないひとたちは、そういったとこ以外でどうやって差別化しようというのでしょう。。。

売れない売れないとほざく前に、シンプルにこれ以上安く売る方法はないか?

せっかくかしこい人間の脳みそ持ってんだから、使って考えないと豚みたいに火鍋にぶちこまれますよ。

ということで、

まあうちの弟も結果すっとんきょーな回答を上げてきたので、まだまだだなと・・・

来月から役員報酬を上げるので、もっとがんばってもらおう。無休で。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

2 件のコメント

  • こんばんは。これからAmazon輸出を始める者です。

    すみませんが、初歩的な質問をさせてください。

    Amazonのセラーセントラルに、売上を受け取る口座番号を登録する箇所がありますよね。
    そこにペイオニアの口座を登録したいのです。
    13桁のアカウントナンバーを登録しろとあるのですが、
    ペイオニアのマイアカウントからそれを確認すると、18桁ありました。
    送られてきたカードには16桁の数字があります。
    セラーセントラルの登録する箇所は17桁数字がいれられました。

    この場合、送られてきたカードにある番号を登録していいのでしょうか。

    面倒な質問ですみません。
    図々しいですがよろしくおねがいします。

    • 16ケタはカード番号じゃないですか?
      デビットカードなので、普通のクレカと同じです。

      アカウントナンバーは別途ペイオニアからメールできてると思います。
      詳しくはペイオニアに電話してみてください。日本語サポートもあります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。