なんでみんなzendesk使わねえんだw

おはようございます。
最近のテーマは、「連日連夜」です。なにが?かは置いといて・・・

昨日は米国税理士のT屋さんと飲みに行ってきました。

僕がアボカドが食いたいです、というとガチのアボカド専門店を予約してくれるような、優しくてグルメなお姉さんです。

最近アボカドにはまってるんですよw

実はT屋さんもアボカド好きで、一時は種買って栽培しようとまで真剣に考えていたみたいです。ちなみに僕は全然そんな気は微塵もありません。

で、途中から「ただの変態」T内くんも合流して、もう一軒行ってきました。

最近の彼は、ただの英語覚えたての中学生のような話題で持ちきりです。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

昨日のお話でも出たんですが、ご存知の通り僕はカスタマーサポートはすべてzendeskというツールを使っています。

zendeskというのは、web上で顧客の問い合わせメールの対応・ステータス確認などをCSに特化したプラットフォーム上で管理できるすぐれものツールです。

マクロで様々なトリガを作って、問い合わせ内容に応じてカテゴリを振り分けたり、自動返信メール、自動催促メールなども作成可能です。

ちなみに僕は各プラットフォームのタイトルを抽出して、問い合わせ内容を数パターンにカテゴリ分類した上で対応しています。

組み合わせによれば、各言語プラットフォームごとで自動返信メールも言語別で返信可能です。

もちろん定型文登録もできますし、3人までアカウント作成できるので、SOHOや外注にも依頼しやすいです。

こんなくっそ豊富な機能が1ユーザあたり月額$1で利用できます。

これはとんでもないことです、Revolutionです。

このメルマガ/ブログでも散々紹介してきました。

で、みんな
「めっちゃいいやん!使ってみよ!」

というのですが、結局途中で挫折して使ってないという人が多いことwww

ということで、イメージ湧きやすいように僕のzendeskを若干公開します。

これでイマジンしてくれ。

zendeskスクショ1
http://dl.dropboxusercontent.com/u/18766693/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202014-04-09%2002.27.49.png

こんな感じでカテゴリ分けしてます。

オーダーに直接影響のあるCancel requestやReturn requestなどは別カテに、あとはプラットフォームでグループ化して対応しやすくしています。

関税に関する対応で米国・カナダと欧州では違うのでその辺も考えて分けてます。

もちろん見て分かる通り、eBayもこれで対応してます。

中身はこんな感じ

zendeskスクショ2
http://dl.dropboxusercontent.com/u/18766693/%EF%BD%BD%EF%BD%B8%EF%BE%98%EF%BD%B0%EF%BE%9D%EF%BD%BC%EF%BD%AE%EF%BD%AF%EF%BE%84-2014-04-09-02.30.20.jpg

これはPending refundカテゴリなのですが、こうやって期日を決定して区切ることも可能です。

このへんも事細かく設定できます。

てか11月末から使ってるんですが、問い合わせが4,000件近くになってますねw

まあざっくりですがこんな感じです。

なにやらピンときたらぜひ試してみてください。

ちなみにアフィリもクソもないリンクはこちらです。
zendesk
http://www.zendesk.co.jp/

ちなみにメルセデス・ベンツやDisneyなど、超大手企業も使ってます。

サポートもしっかりしてるので、わからないことはぜひドンドンサポートに聞いて見るといいです!(空気読んで)

また、こんな便利な使い方あるで?知らんの?お?

ってのがありましたらぜひ教えろください\(^o^)/

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。