zendeskのセッティングについて

バンコクでいっぱい撮りまくった写真や動画を整理してました。

てかPicasaは終わるのか?

googleフォトに全部移行するのか?

なんかWebAlbumがぐちゃぐちゃで各写真が4枚ぐらい重複しとります。

てかなんか裏アルバムみたいな機能あったらいいのにな、
オープン用とシークレット用みたいな。。。

需要はあるはず。

本日は質問コーナーです。

すいませんだいぶ昔にいただいたのにバンコクエンジョイしてたので回答できず。。。

以下引用です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

はじめまして、○○と申します。
現在Zendeskを導入しかけているのですが、2点お伺いしたいことがありメールさせていただきました。

1,タイトルからのトリガ作成について

http://eiking.asia/tag/zendesk/page/2/
こちらのブログを拝読したところ
“タイトルでフィルタかけて、なにに対しての問い合わせか?というカテゴリ分けをしています。”
という記述がありました。

Zendeskのサポートに電話して聞いてみたところ、
「タイトルからのトリガ作成は出来ないので、共通で使われている文言を本文から抜き出してトリガに使ってください」
と言われました。
永木さんはタイトルからトリガを作成していらっしゃるのでしょうか?
もしくはトリガではない別の方法で内容を抽出していらっしゃるのでしょうか?

2,メール返信の具体的な流れについて

Zendeskの仕様として「アマゾンはZendesk内から返信が出来るがeBayに関しては出来ない」
かと思いますが、永木さんはeBayに関しては、トリガを使って各内容ごとにグループに振り分ける
というところまではZendeskでやっていて、実際の返信や対応はeBayに都度ログインして行われている
という認識で良かったでしょうか?

3,質問ではありませんが、
とありましたので、僭越ながら
eBayとZendeskのIntegrationについて(Zendesk内でeBayへの返信が出来るようになる)
初期費用$600でやってくれるイギリスの会社を見つけましたが、いかがでしょうか?
話を聞いたところ実績もありそうで、慣れていそうです。

以上お時間のある時にでもご返信いただければ幸いです。
よろしくお願いします。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

来た!

ようやくzendeskに関して込み入った質問が来た!

> 永木さんはタイトルからトリガを作成していらっしゃるのでしょうか?
> もしくはトリガではない別の方法で内容を抽出していらっしゃるのでしょうか?

いやできますよ、
というかタイトルも本文とみなされるのでタイトルの一部をトリガにキーワード割り当てたらOKです。
ただし共通する部分のみですね。
ユーザ名とかオーダーID入れちゃうと引っかかりませんので・・・

> というところまではZendeskでやっていて、実際の返信や対応はeBayに都度ログインして行われている
> という認識で良かったでしょうか?

いやebayも普通にzendesk内から返信しております。
ebay側の設定がややこしいですが、ebayはCS用の送信メールアドレスを個別に設定できるので、そのアドレスをzendeskの送信アドレスに変更すればOKです。

> 初期費用$600でやってくれるイギリスの会社を見つけましたが、いかがでしょうか?

高いですね!
確か$100でやってくれるとこありますよ!

まあ、僕なんですけどね。

ということで、zendeskは一見、不可能そうなことも多いのですが案外だいたいのことができます。

まあ自分でテストメール送ったり、実際にamazon・ebay上からの返信と併用したりして、試行錯誤してテストしながら設定を徐々に完成させていく感じですね。

ああ、今からもっかいやれって言われたら確かにイヤなレベルかもw

しかも微妙にamazonの問合せのタイトルとかって変わったりするんですよw

知らないでしょwww

カンマがなくなったりね。

その都度、トリガの条件設定を変更したり、珍しい問い合わせとかは新たにトリガ作ったり・・・

まあなんでも「ながら運転」が一番です。教習所ではダメって言われましたけどね。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。