新しい販路と新しい商材

くっそwwまたやっちまったぜww

昨日は大阪へ宣言通りとんぼ返りしてきたんですが、
帰りにまたしても名古屋の悲劇が・・・

まあ関空は14年ぶりなので大丈夫かなあと思ってたのですが、やっちまいましたね。

これで記憶が正しければこの数ヶ月で3度目ですw

詳細は編集後記にて・・・
※メルマガのみ

リスクを分散させようよ、ってよく聞くことばだと思うんですけど。

先日のMineCraft爆弾もいい例ですね。

あれから2ヶ月弱過ぎましたが、ある程度みなさんアカウント復活したみたいでよかったです。(ちっ)

でもまああの事件、僕は超運良く関わらなかったのですが、プラットフォーム依存の恐ろしさを身近で感じることができました。

新しい販路や、自社ネットショップを繰り出す良いきっかけになった人も多いかもしれませんね。しらんけど。

で、まあそれは新しい販売先などを開拓することによって、もし仮に今回みたいにアカウントがひとつポシャッた場合でも売上が0になることは防ぐことができますね。

それはそれでリスクを分散できているといえる・・・よね。

また、商材に関しても無在庫であれば複数の多岐にわたるジャンルの商材を取り扱うことができるので、仮にめっちゃハンパねえライバルセラーが出現したところで、1カテゴリはポシャるかもしれませんが、売上が0になることはないと思います。

それもまあ・・・リスクヘッジにはなるのかな。

ここまで売上に関してのリスクだけを見てきましたが、他にもいろいろ介在するリスクっていろいろあると思うんですよね。

これはなんのビジネスでもそうでしょうね。

海外からすれば、地震大国ニッポンでビジネスを行っている事自体リスクと感じる人もいるかもしれません。
いやしらんけど。

税金・キャッシュフロー・通貨・人的、いろいろあると思います。

でも一番いいのは全く関係のないビジネスを複数もつことかなと最近思います。

たとえば昼はパン屋さん、夜は大道芸人とかね。

まあ僕はそんな器用ではないので、全く関連の無いビジネスを複数持つのはちょっと自信ないですが、極力相関関係は薄いけど、相互のリソースを活かしあえるようなビジネスをもっと広げていきたいと思ってます。

そういう意味では国内販売と海外販売ってのは、ケッコーいいバランスじゃないかなと思います。

しらんけどね。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。