だからこそ、現状を変えて後顧の憂いを断つ

今日は祝日じゃないか。

祝日ってことは祝っていいんですよね?いいんですか?いいんです?

ふう。

最近作る、いや創る仕事が多くて肩がこっ・・・

あいや肩こらんのやった。。。

明日PRIMAアプデですが、合わせてプチ発表がありますのでお楽しみにににに!

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

本日は昭和の日ということで、ぼやきのコーナーです。(そんなのあったのか)

最近ふと、自分はなぜ仕事しまくっているのかと考えてみました。

それは、人生を楽しむためです。

その過程としてお金を稼いでるのが今ですね。そうですね。

楽しむってのはひとそれぞれ価値観がありますが、僕の人生を楽しむ前提としては、ある程度の経済的・精神的・肉体的・時間的自由が確立されている状況が必要です。

それを一撃で8割程度打破してくれるのがお金というわけです。

こういう哲学的なことは得意ではないのですが、
いやなぜ書いてるのかというと、

こんなに仕事しまくって結局俺はいつどこでどんな感じで自由を手に入れるのか?

と思ったからです。

When! Where! How!

その区切りは来るのか、はたまたそれはどのようにして?

で手に入ったら遊びほうけるのか?

わかりません。

ぶっちゃけ、僕も頭が凡人なので、
例えば平日に遊んだりしてると罪悪感を少なからず感じていました。

みんなが満員電車に揉まれてる時に、海外いって遊んで(仕事もね)トゥクトゥクゴー!!とかいいながらトゥクトゥク乗ってたりすると、こんなんしてていいのかな?仕事せんで大丈夫かな?

って罪悪感と不安におそわれたりしてたんですね。

でも僕はその問題点については自分なりに解決したつもりです。

「この2年間割と人よりはガンバったから、多少遊んでも問題ない」

と強く自分に言い聞かせたわけです。

そうでもしないと思いっきり遊べないんですよねwww

で、これを現在自分に思い込ませることができるのは「多少遊んでも」レベルなので、それ以上遊んでしまうとたぶんまた罪悪感や不安におそわれます。

でも僕は将来的にはバックパッカーみたいに世界中を旅したいと思ってるので、もっと自分を「クソほど遊んでもお釣りが出る」ぐらい思い込ませれるほど事業を拡大しなあかんですね。

ということで結論「もっと働けカス」ってことなんですが、
前述したいつ俺は自由になれるのか?という問いに対しては、結局自分を心底「アホほど遊んでもやりきらんで」レベルまで落とし込ませれたとき、それが本当の自由なんじゃないかと・・・

最後は自分との戦いなわけですね。。。

「だからこそ、現状を変えて後顧の憂いを断つ」

副長、とぶわよっっっっ!!

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。