Negative feedbackへの徹底的な対応

スペインどうした!

前回王者スペインがあのざまかよ。。。

4時からチリVSスペインがあったので前半だけ観てしまいましたが、ひどかったので寝ますた。

さて、日が開ければ明日は日本戦ですね。

次は必ず勝たなければならない!

いやその前に僕は起きなければならない。。。

7時とか絶妙ですね。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

最近はNegative feedbackの対応も従業員に任せてるんですが、

最近のRemoved率が高くてびっくりしてます。

もちろんNegative feedbackはODRに直でガンガン影響するので、消せるものは消したいところ。

バイヤーも評価数なんかどうでもいいので、

Negativeの内容をよく見ている傾向にあります。

極端な話、評価10000で直近に悪い内容のNegativeがあるセラーと、

評価100で直近にNegativeがないセラーなら、後者のほうから買いたいというバイヤーは必ず存在しています。

これは今までの対応した経験や、直接バイヤーの声を聞いた限り間違いないと思います。

さらには、なにかしらの原因でアカウント停止に陥った場合、ODRが悪いと復活にも影響してきます。

だから、万が一のためにもODRは常に良好な状態を保っておくのが望ましいですね。

まあそれらの理由もあって、
以前からうちでは徹底的にNegativeつぶしを行っています。

Feedbackfiveなども使ったことありますが、全くどころか逆効果になりかねなかったのですぐやめましたw

一番いいのは、Negative feedback reportをDLしてシステマチックに一つづつ対応していくのがいいと思います。

セミナー事前アンケートでも、「アカウントを守る方法」っていうのが非常に需要があるみたいですので、これらも来月のセミナーでは詳しくやりたいですね。

Negativeが直接アカウント停止に影響することはあまりないですが(ないこともない)、大事なのはこのへんの細かい部分からです。

セミナーは明日募集開始します。

アンケート結果では、参加予定のかたが東京大阪合わせて70〜80名ほどでした。

ぶっちゃけ多いですwww

一応予定では30日まで募集する予定ですが、もしかしたら多かったら明日途中で閉める可能性もありますので、
ぜひ早めにお申込みください。(ガチで)

懇親会も予定してますので、ぜひ参加してね!

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。