Amazonでのカートの順番

実はパーマを金曜日にあてたんですけど、

僕は心もお腹まわりも髪の毛も図太いほうなので、なかなかパーマがかかりにくいのですが、今んとこ調子いいです。

といってもまだ3日目ですね。

今回は輸出仲間であるマッスンていうちょっとおかしな美容師セラーにお願いしたのですが、想像以上にくるくるになったのでよかったです。

だいぶ僕の髪は傷んでるみたいなんですが、髪があるうちに遊んどきたいと思います。

あと、セミナーの増員に関しては明日のメルマガで発表しますので、

9時によろしくです。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

先日、セミナー事前アンケートを多くのかたに回答いただいたのですが、

あれ?よく考えたらアンケートよりセミナー参加希望のほうが多いて・・・どゆこと!

まあそれはいいとして・・・

3名ぐらい似たような質問があったので、ピックアップしたいと思います。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ある有力セラーが「Amazonのカートが回ってくるのを待っているのが違和感あり!こんなのさっさとやめるべき」と言う主旨の発言をされていました。
御自身でも「Amazon.comで100万余裕~」なんておっしゃっていた方なので、不思議です。
自分には理解不能でした。
Amazonで販売することが悪であるかのような雰囲気を感じましたが、何か恨みがあるのでしょうかね。
この方の発言の裏を読んで何か上手い例えで解説頂けませんか?
今のままでは何とも消化不良で、その有力セラーに不信感を持ちそうです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

とある発信者の方が、「Amazonでカートの順番回ってくるのを待っているようなのっておかしい」と言う趣旨の事をおっしゃってました。
私はそう思っていないのですが、これってどういう意図があるんでしょうか。
一昔前のネタを用いて解説お願いします。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

あれ、もう一人ぐらいおったような気がしたけど見当たらんな・・・

で、結局これ誰のことかわかんねーんですけど、

両者とも、なぜか僕にうまいこと言って欲しい感が出てるんですよねw

「一昔前のネタを用いて」とか「何か上手い例えで」とかハードル高くないすか・・・

むっずかしいーwww

元ネタわかんねえからフワフワしすぎて指摘しづらいわw

分かる範囲で考えてみますけど、

ようはamazonでうまいこといかなかったからamazonのせいにしたいんじゃないですか?

郷に入れば郷に従えじゃないですか、

amazonの集客力が必要ないならそもそもamazonで販売する必要もないですけど、

僕は必要だからカート回ってくるの指くわえて待ってますけどね!

しかもamazonは自分でも売ってる場合はかなりの比率で独り占めするけど、

実際僕がジェフ・ベゾスだってもそうすると思うし、不公平とは思いませんけどね。

その合間を縫って小銭稼いでも、それが僕らにとっては大金なわけですからw

ま、あとは情報の取り入れかたとしては、前から言ってますけど、コンテンツじゃなくて人を見たほうがいいですよw

結局は情報書いてるのも人ですから、

googleももともとコンテンツが優れているものを検索結果の上位表示させようってのが狙いってのは変わってなくて、

それが「コンテンツ優れてる=被リンク多いサイト」だったのが、

今後は「コンテンツ優れてる=信頼度の高い著者のサイト」になってくるみたいですしね。

Google、SEOの方針を転換 バックリンクから「著者」「コンテンツの質」重視へ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1405/08/news127.html

情報過多となったこの時代、情報を選ぶ力は自分で養ってくださいねーw

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。