要件定義書とのにらめっこ

セミナー会場が確定しましたので、先ほど参加者のかたにはメールを配信させていただきました。

申し込んだけど、メール来てねえけど!?

ってかたもしいましたら必ずご連絡ください!

東京大阪ともに、セミナーには80人ほど、懇親会にも各会場50名以上お集まりいただけます。

本当にありがとうございます!

楽しい祭りにしましょうウフウフ

それはそうと、昨日から東京に再来してます。

この排水口のにおいなんとかならんかな。。。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

昨日しがた、あるシステムの要件定義書が上がってきたのでにらめっこしてたんですが、これが結構自分で頼んどきながら、あらためて見てると頭痛くなりますねw

要件定義書ってのは、要件が定義されてる書のことね。

まあシステムの各機能とか要点を、わかりやすくまとめたものです。

システム組みますけど、こーんな感じでOKすね?いいですか?つくりますよ?お?

といった感じです。

ただ細かいロジックとか、いろいろ設計したのちに浮上してくる「こういうときどうすんの?」とか、「これは別ページ表示にしますか?」といったものがあります。

でもこれらって、実際今ないもをカタチにするわけだから、ぶっちゃけ今までは「問題発生してから考える」ことが一般的だったので、そこまで考えなかったからいいんですが、かなり悩みます汗

うーんどうしよう、AのほうがいいかなBのほうがいいかなー。。。

そんな感じで頭悩ませるわけなんですが、結局使ってみなきゃわかんない部分もあるので、AにしといてダメだったらBてのがこっちサイドとしては理想ですね。

システム屋的にはめんどくさいでしょうけど。。。

あともう1つ予定してるシステムがひとつあるんですが、
これが完成すると国内外で使えるし、いろんな使い方ができるので夢が広がります。

まるでPRIMAのようですね!

ごめんなさい、ふんわりでしか表現できないんですが。。。

あ、でもちなみに今組んでるシステムは今んとこ公開する予定はないです。

PRIMAはいろいろあってのリリースだったんで、まあ特殊といえば特殊です。

あの頃からバリバリ無在庫やってたセラーならわかるはず。。。

ということなんですが、

ただこの要件定義書を突破しないことにはシステム開発が始まんないのでがんばります。

あと、これ、ある会社のDBとリンクする計画もあります。

これは完成するとホントにおもろいです。というかお互いその気で動いてるので、年内には実現するかも。

まあできたら報告します。

あーなんかふわふわした綿菓子みたいな話になってしまった、嫌いな感じやwww

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。