わからないことをわかろうとするクセ

なんなんすか!!!

完全にセレソン崩壊ですわ!!!

7-1てなんやねん、ネイマールとチアゴ・シウバ抜けただけでこれ?

そんなわけない!

ダビド・ルイスもオスカルもマルセロもフッキもおるやん、こんな結果ありえへん!

そう叫びながら朝方に眠りにつきました。。。

最後のオスカルの一撃が逆に虚しく感じました。。。

さて、本日はオランダvsアルゼンチンでしたね。

※このメルマガは試合前に書いてます

南米最後の砦、アルゼンチンにぜひ決勝進んで欲しい!

3位決定を南米同士とかおもんないから!

ふう、それにしてもドイツの容赦の無さには脱帽です。

なんか物販やってても、

たまに爆発的にある商品が売れまくるときがありますよね。

そういうときって、最初の頃って結構びびっちゃって、

一日に50オーダーとか無在庫で売れちゃうと、

「え?なにこれ、ちょっとやばくね?」

って止めちゃったり価格あげちゃったりすることってあるんですよね。

僕もその昔、初めて爆発したときは若干思いましたが、いけるときにトコトン行かなきゃ望む結果には到達できないと思い、

「おらおらイケイケこらー!仕入れれるかどうかなんか知るかー!」

っつって売りまくってました。

もちろんなんとかかき集めてちゃんと全部発送しました。

時には大洲(松山からクルマで1時間以上)まで買付けに行ったこともありました。

結局、無在庫ってわからないことが多いんで、躊躇することも多いです。

そもそも在庫ないんだから、商品がどんな大きさで、どんぐらいの重さで、

実際仕入れれるのかとか、実際海外に発送できるのかとか、

結構不確定要素がいっぱいあるんですよね。

送料があいまいだから、踏み込めない部分もあったりとか、

1個ならまだしも、100個も仕入れれるかわかんねえからQuantity設定抑えたりとか。

でもわからないことを理由に考えることを放棄したり、

わからないからっつって躊躇してたんじゃ、他の販売者に勝てるはずもないのも事実です。

わからないよ!
いつだってわからないことだらけだ!
でも時間って流れるし止まったりしてくれない!
結果がわからないのに選択の時間は必ず来る。

と、アルミン・アルレルラルレルトさんも言ってるように、

わからないことだらけのなかで、一筋の優位性を見出して全力で投資するのがビジネスだと思います。

その可能性を、確率を上げるのが今の僕のしごとっすかね。

躊躇するハードルが高い人ほど、むちゃなことしてぶっこんでいきますからねw

だけんなのか、僕の知ってる経営者はドSが多い・・・

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。