BtoCとBtoBの割合

ドイツ!!

まさかのドイツ!!グーテンターグ!!

しかも延長後半終了間際・・・

まさに絶望的な時間帯での失点でしたが、その直後まさにラストチャンスとなるメッシのフリーキック!

しかし、メッシには珍しい枠を大きくそれるボールであえなく試合終了。

でも謎にMVPはメッシでした。

まあでも非常にいい試合でした。
日本にもああいうサッカーをしてほしい。

で、昨日は寝不足のまま名古屋へ・・・

ちょうど後輩が名古屋にいたので遊ぼうかとおもいきや、打ち合わせ終わって弟んちに帰宅してから力尽きましたw

朝方まで爆睡してたんですが、起きたらとんでもないことに気が付きました。
続きは編集後記にて
※メルマガのみ

昨日は久しぶりに山田さんと、山田さんの隠れ家で打ち合わせしてました。

いっつもなんですが、

なんかとんでもない話がいつも飛び交うので楽しかったですw

山田さんの会社に訪問してくる企業とか、

提携していろいろ進めてる企業とか、もはやなんでなんですかレベルです。

まあでもこれもスケールメリットというか、

BtoCだけでも、半端ない量(僕の数倍の量)を普段から発送している実績があるからというのは非常に大きいんじゃないかなと思います。

やっぱ僕みたいな弱小ではあまり相手にしてくれないような企業も多いので、
そのへんに認められるような実績をつくりたいものです。

だからものすごい外見は気にしたほうがいいですね、
他の企業にどう見られるか、

このへんをもっと配慮していきたいと思います。

そして僕としては現状の大半を閉めるBtoCの割合を減らしてBtoBの割合をもっと大きくしていきたいなと思います。

BtoCを減らすという意味ではないですが、
やっぱBtoCばっかだと社員もバイトも大変なのでw

もっと効率よく稼いで楽させてやりたいなと、そう思います。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。